ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アヴリル・ラヴィーン ライム病治療半ばにさしかかり良好“支えはファンからの励まし”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月30日に、米朝番組『グッド・モーニング・アメリカ』に出演したアヴリル・ラヴィーン。ライム病と診断されたことやその治療について触れ、治療も半ばにさしかかり状態が良くなりつつあることを笑顔で報告した。

 同番組で彼女は、「だいぶ良くなっているわ。沢山の進歩が見られているのよ……100%回復するんだっていうことが分かってとてもありがたいわね」と述べている。

 診断されてから彼女は約5ヶ月間にわたり寝たきりで、その大変だった時期に彼女を支えたのはファンからの励ましだったそうだ。それについて彼女は、「ベッドに座ってビデオを見ていたの。今こうしているようにね。全ての事に泣けて来たわ。正直言って、あたしって本当にとっても愛されているんだと感じたの。こうやって言うのもバカバカしく聞こえるかもしれないけれど、そういうのを通してあたしは、自分のファンのみんなのことを真に心から感じたのよ……希望があるの。ライム病は消えないけれど、回復できるのよ」と話している。

関連記事リンク(外部サイト)

ハーツ、2年半ぶり新作アルバム『サレンダー』を10月にリリース
Album Review:ジョルジオ・モロダー『デジャヴ』 現在のシーンを見据えヴェテランの自身を客観視する、優れたプロデューサー気質が全開の一枚
ジ・インターネット、オッド・フューチャーの紅一点が率いる新世代ソウルバンドの新アルバムが国内発売

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。