ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【16年ぶりの天体ショー】7月1日は、金星と木星が最接近!「ダブル1番星」を見に行こう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏の夜空は、気温の高さもあり星が眩しく瞬く季節。天体観測には気候も快適ですよね。そして、7月1日にはとても貴重な天体ショーを楽しむことができるようです。 数ある惑星の中でも、太陽や月を除けば1番明るいのが金星。その次は木星ですが、7月1日にはその2つが大接近!なんとこれ、16年ぶりのことなのだとか。

肉眼でも観測可能

惑星が並ぶその姿は、想像するだけで天体ファンならずとも心踊ります。しかも、最も明るい惑星が並ぶとなれば、観測も比較的簡単。小型の望遠鏡があると尚よしですが、肉眼でも十分観測が可能なので、7月1日の夜空は是非星空を見上げてみては?

 Reference:European Southern Observatory

7月いっぱい楽しめる!

2つの星が最も接近するのは7月1日ですが、その前後も観測は可能。徐々に離れてはいくものの、7月10日には金星が最大光度に達し、マイナス4.5度にも及ぶ明るさを放ちます。これは1等星のおよそ150倍、日中でも見えるレベルなのです。 さらに、19日には夕空に輝く細い月と2つの惑星が直線に並びます。これは見逃せません。

夕方、西の地平線に注目

国立天文台によれば、金星と木星が最も近づくのは厳密には19時1分。明るいため低空でも目立つそうです。7月1日は週の真ん中水曜日。忙しくて見れないよ、という人も、別の日にトライしてみるといいかも!

Reference:国立天文台
Top photo by Benh LIEU SONG

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP