ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

結婚後18kg増量女 「一時的なムクミか着ぶくれ」で批判封印

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回寄せられたのはアパレルメーカー勤務のご主人(45歳)。奥様(45歳)の体型を改造するのに手こずっています。

 * * *
 女房は甘い物が大好きで、「いいの! ケーキや大福は別腹なの」。体重は結婚年数と同じ18kg増え、糖尿病家系なので健康が心配です。

 本人に危機感を持ってもらってダイエットさせようと、「少し大きくなったね」というと「そう? 背が伸びたのかしら?」……。やっぱりハッキリいった方がいいと、「少し太ったな」というと「一時的なムクミか、着ぶくれね」。私の言葉に耳を貸そうとしないんです。

 最近は「チョコレートはアンチエイジング効果があるんだって」と毎日、朝から甘い板チョコを食べています。「ネットで調べたんだけど、アンチエイジング効果があるのは、カカオ含有量70%以上の『甘くないチョコレート』みたいだぞ」というと、「あるわよ! ホラッ! 顔にニキビができたの。高校時代に戻ったみたい」。それは吹き出物!お前は自分に甘すぎなの!

※週刊ポスト2015年7月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
きのこの山、MARIE、やおきんの菓子で手作りパンダチョコ
バレンタインデーの起源や歴史、「チョコ渡し」などを探る本
非モテ男 バレンタインチョコ自分で1万円分買いモテを装う

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP