ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

能は「男が女役やってる宝塚みたいなもの」と人気能楽師

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 歌舞伎、能、文楽など伝統芸能に見いだされる“日本なるもの”をノンフィクション作家・上原善広氏が浮き彫りにする新シリーズ「日本の芸能を旅する」。今回紹介する若手能楽師、武田宗典氏(37)は、海外公演や現代アートとのコラボなど多彩な活動で知られる。

 * * *
 武田宗典は二歳十一ヵ月で初舞台を踏み、能楽師として育てられた。しかし、10代後半になると、興味はミュージカルや現代演劇の方へ移っていく。

「父は能をやれ、と言ったことはありませんでした。それが逆にプレッシャーになっていたくらい、何も言わなかった。ミュージカルや演劇をやっていて良かったのは、沢山の出会いとか、いろんな視点が得られるようになったことですね。それで一九歳のときかな、能楽師になろうと決心したのです。だけど父の時代はまだバブルを挟んでいたけど、私が能楽師になったときはもう、日本経済もどん底でしたからね(笑)」

 父、武田宗和はこう語る。

「息子から大学に行きたいと言われたとき、『それは視野が広がるし友達も増えるので良いんじゃないか』と言うと、『大学の間は好きなことをやらせてください』と本人から言われたのです。『そうすると同年代の人より、能楽師として少し遅れてしまうことになるよ』と言うと、『それでも構いません』という事だったので、その時はもう、他の職についても構わないと……。能楽師としてやるのは、相当な覚悟が要ります。だから本人が決めないと、こればっかりはいくらこっちが仕込んでも無理ですからね」
 
 能の舞台では、本番の申し合わせ(リハーサル)は前日の一回のみ。大鼓、小鼓、太鼓、笛の囃し方それぞれ一名ずつ。地謡(コーラス)八名、ワキ方、後見など、その日の舞台や演目によって多少違うが、だいたい一五名ほどが舞台に集結して、通しを一回だけやる。衣装も能面も、本番当日までつけない。こうすることで自然と緊張感が生まれ、本番ではジャズ・セッションのような効果が出るのだ。

 今年、三七歳になる武田宗典は、この四月に「熊野(ゆや)」を初演した。昔から「熊野松風、米の飯」と言われるほどの人気曲だ。

 しかし実は、冒頭で紹介した、フランス人が「死ぬほど退屈だ」と言った【*注】演目は、この熊野である。

【*注/昭和34年6月、フランス文化使節団が来日して能を観覧したとき、そのうちの一人が「能は、死ぬほど退屈だ。これは監獄で囚人に見せた方がいい」と言ったという】

 動きが少ない演目はたいてい、詩句と謡の美しさを味わうようにできている。だから外国人にはわかりにくいのだ。しかし詩句、謡の美しさといっても、日本人が聴いても、何を謡っているのかわからないことが多い。

 私がそう言うと、父宗和は笑いながらこう喝破した。

「わからなくていいんですよ。だって今の歌手も、何を歌っているのか、わからないときあるでしょう(笑)。それと同じで、男が女役やってる宝塚みたいなものですよ」

 ある有名な歌舞伎役者が、能楽師に「なぜあんなに動かないの」と訊ねると、「動けばいいってもんじゃないでしょ」と言い返した逸話も残っている。宗典はこう語る。

「お笑いで例えたら、そこに立っているだけで笑ってしまう人っていますよね。それと同じようなもので、能は、動かないのが基本。つまりカマエですね。しかし、ただカマエているだけで、あらゆる方向から引っ張られているかのような緊張感の中で立っています。

 確かに型はあるのですが、決して型にははまらない。だから上演時間も前後する。動きのある歌舞伎の方が、ピタッと時間通りに終わるくらい。ですから舞台に立ったとき、観客が注目してくれれば、こっちのものです」

※SAPIO2015年7月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
能を長く感じる理由は「演者の力量がないから」と人気能楽師 
米出身能楽師 「日本の教育で古典音楽や芸能を取り上げて」
ペヤング初代CM出演桂文楽「初心に返りCMも初代に戻せば?」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP