ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アニメ『血界戦線』最終話、放送を延期「30分枠では放送することができない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


『血界戦線』公式サイトよりスクリーンショット
4月より放送中のTVアニメ『血界戦線』の最終話の放送が延期されることが決定した。

最終話は、7月4日(土)にMBSにて、7月5日(日)にTOKYO MXおよびBS11にてに放送される予定だった。公式サイトでは、延期の理由を下記のように説明している。

最終話の分量が想定よりも多くなってしまった為、
30分の放送枠では放送することができないと判断を致しました。
最終話につきましては、改めて放送枠を調整致しまして
拡大版として放送をさせて頂く予定です。
楽しみにして下さっている視聴者の皆様をお待たせしてしまう形になり、
誠に申し訳ございません。 『血界戦線』公式サイト「【重要】最終話(#12)放送延期のお知らせとお詫び」より抜粋

30分の枠では放送することができない、という異例中の異例ともいえる放送延期の理由であるだけに、ファンの間では話題となっている。最終話の放送日は未定。決定次第、追って公式サイトおよび公式Twitter上にて告知されるという。

なお、当初最終話の放送を予定していた放送枠については『血界戦線』の特別番組が放送される措置がとられる。

TVアニメ『血界戦線』とは?

『血界戦線』は、かつて「かつてニューヨークだった」架空の都市を舞台にしたダーク・ファンタジー作品。原作者は『トライガン』などで知られる漫画家・内藤泰弘さん。

若手女流演出家・松本理恵さんを監督/音響監督に沿え、既存のアニメーション作品の枠を飛び越えた演出の独自性と、釘宮理恵さん、石田彰さん、大塚明夫さんら豪華声優陣による共演によって、高い評価を得ている。アニメーション制作はボンズ

また、ロックバンド・UNISON SQUARE GARDENの手がけるEDテーマ「シュガーソングとビターステップ」とEDのダンス映像の躍動感あるコラボレーションから人気に火がつき、CDは売切続出。さらには多くのファンによってED映像の二次創作が行われるなど、多方面で話題を振りまいている。

その作画や演出のクオリティの高さからか、一度は総集編も挟んで放映された『血界戦線』。放送日はまだ決定していないものの、拡大版として制作される最終話の期待値は高まるばかりだ。

引用元

アニメ『血界戦線』最終話、放送を延期「30分枠では放送することができない」

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP