体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ただの猫カフェではない! 楽しみながら救済できる「猫助けカフェ」に行ってみた

ただの猫カフェではない! 楽しみながら救済できる「猫助けカフェ」に行ってみた
 猫に触れあいながら猫助けができる保護猫カフェ「ネコリパブリック」がネット上で話題だ。

 岐阜の1号店オープンを皮切りに、2号店の大阪、そして今回お邪魔した3号店の東京・お茶の水と全3店舗展開しているネコリパブリック。2022年2月22日までに日本の猫の殺処分ゼロを目標として掲げ、猫カフェの運営をしながらも、地域の保護猫団体と協力し保護猫の里親探しを行っている。

 店内では一般的な猫カフェのように猫と触れ合ったり、グッズを購入したりすることができ、その利用料金が保護猫の餌代などにあてられるという、いわば「猫助け」ができるシステムだ。また、クラウドファンディングで集まった資金を改装や運営にあて、ビジネスとしても自走できるカフェを目指しているという。

 Twitter上では、「運営理念とそのシステムがすばらしい」「こういう事になら1,000円くらい出してもいいかも」「ちょっとネコリパブリック行ってくるわ」と賛同する声が上がっている。

 「家猫として育った猫が捨てられ、外の猫社会で生きていくことは非常に大変です。とはいえ、猫の殺処分画像で大衆を引き付けるようなネガティブなイメージで助けを求めたくはない。『猫と一緒だとこんなにも楽しいよ』」というポジティブでハッピーな印象で働き掛けたいと思っています」(同店店長・徳永さん)

 そのポジティブな働きかけとして、7月には猫と一緒にのんびり映画を観たり、ヨガやBBQをしたりするイベントが開催される予定だ。

 徳永さんは「映画イベントでは、きっと上映中にスクリーン前を横切る自由気ままな猫も楽しめるのではないでしょうか」とにこやかに話してくれた。

 早速筆者も猫たちと触れ合ってみることに。

ただの猫カフェではない! 楽しみながら救済できる「猫助けカフェ」に行ってみた

 猫のシルエットが目印。いざ入店。

ただの猫カフェではない! 楽しみながら救済できる「猫助けカフェ」に行ってみた

 2匹がお出迎え。この箱の中に手を入れ、穴に向かってランダムに指を突き出すと、猫パンチがいただける、所謂「もぐら叩き」遊びだ。徳永さんに猫じゃらしでやってもらったところ、2匹とも大興奮で飛びついていた。

ただの猫カフェではない! 楽しみながら救済できる「猫助けカフェ」に行ってみた

 これは猫が箱に入り、穴から手を出して猫じゃらしを触っている場面。徳永さん曰く「正規の遊び方とは逆ですし、普段あまりこういった猫の姿を見かけませんが、面白いのでこれはこれでありですね」とのこと。どうやらレアなシーンを見ることができたようだ。

ただの猫カフェではない! 楽しみながら救済できる「猫助けカフェ」に行ってみた
ただの猫カフェではない! 楽しみながら救済できる「猫助けカフェ」に行ってみた

1 2次のページ
Scoopie Newsの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。