体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シューティング・パズル・アクションまで、アーケード筐体の配信を始めたゲームセンター『マットマウス鹿島田・新川崎店』に行ってみた

あなたはゲームセンターに行ったことがありますか?
入り口の向こうに並ぶゲームの筐体、そこから聞こえるゲームのサウンドは、ワクワクする気持ちを高めてくれました。

……しかしこのゲームセンター、年々、閉店が続いています。

【関連:閉店が頻発!ゲームセンターの昨今事情をシューター・スコアラーの聖地『江古田えびせん』に聞いてみた】

マットマウス

『アミューズメント産業界の実態調査』(平成25年度版)で店舗数を見ると、平成20年度には2万2千店、しかし平成25年度には1万6千店まで減少しました。オペレーション売り上げ高を見ると、平成18年度の7029億円以降は下降を続け、平成25年では4564億円まで落ちこんでいます。

中小規模店舗(50台以下及び51~100台以下を総計)に絞って店舗数を見ると、平成16年度では1万9340店舗(同調査平成20年度版)あったものの、平成25年度(同調査平成25年度版)では9533店舗まで減少。この9年で9807店舗が閉店しているのです。

理由はいくつかあります。大規模店舗の新設や消費税増税そして課金など、オペレーション側に起こった環境の変化。それから、スマートフォンや家庭用ゲーム機といったデジタル端末の台頭やこれにより“選択肢が増え”足が遠ざかった、といったユーザー側に起こった環境の変化。

このように、時代や環境の変貌から苦しい状況を迎えているゲームセンターですが、様々な取り組みを行い、楽しい場所が残るよう努力を重ねている所がたくさんあるのです。
今回は、その中の一つで、オーナーの努力とお客さまの愛で支えられているといっても過言ではない、神奈川県川崎市のゲームセンター『マットマウス鹿島田・新川崎店』(以下:マットマウス)を訪ねました。

■ ビルの中に多彩なジャンルのゲームがぎっしりと!

マットマウスがあるのは、神奈川県川崎市にある南武線鹿島田駅から歩いて5分ほどのところ。元々は、同じ南武線の武蔵新城駅近くにあったのですが、2013年、「お店が手狭である」ことを理由に移転し、現在の場所に落ち着いたのです。

通りからすぐ見えます

通りからすぐ見えます

入り口正面、階段を上がる度ゲームの筐体と出会えます

入り口正面、階段を上がる度ゲームの筐体と出会えます

ビルの中には、スロット・シューティング・格ゲー・音ゲー・パズルと、ビルの下から上までさまざまなゲームが。そのため、シューター・ぷよらー・音ゲーマーなどジャンルを超えてゲーム好きな方が集まります。5Fにはイベントに使える空きスペースがあり、最近では、毎週土曜日15時頃より『ぷよぷよ通対戦会』が実施されています。

店内 店内 店内 店内
1 2 3 4次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。