体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

母斑を治療しなかった女性。「これは私の個性。感謝してるわ」

85singo_スクリーンショット 2015-06-28 17.30.28

「母斑症」は遺伝的な要因や胎生期の環境によって生じることのある皮膚の奇形。ここで紹介する写真の女性は、ロサンゼルスで活躍する22歳のダンサー、カサンドラ・ノード。彼女は左目の下に大きな母斑を持った状態で生まれたが、それを消そうとはしなかった。

周囲からは手術を薦められてもいたが、彼女はそれを断り、母斑とともに人生を歩むことを決意した。彼女にとって、それは個性であり、誇りでもあるのだ。

85singo_dancer-with-face-birthmark-cassandra-naud-1-605x605

 

85singo_スクリーンショット 2015-06-28 17.30.28 85singo_dancer-with-face-birthmark-cassandra-naud-2-605x605 85singo_dancer-with-face-birthmark-cassandra-naud-6-605x605

彼女が生まれた時、両親は手術で母斑を取り除くかどうか、判断に迷った。それもそのはず、手術をすれば顔にアザが残ってしまう可能性があった。結局のところ手術は行わなかったが、それは彼女にとっても正しい選択だったようだ。

85singo_dancer-with-face-birthmark-cassandra-naud-7-605x605 85singo_dancer-with-face-birthmark-cassandra-naud-18-605x605
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。