ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

植松晃士「周りの人と比べていたら老化の坂道転げ落ちる」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ファッションプロデューサーの植松晃士さんが、世のオバさんが美しく元気に生きられるようにアドバイス。今回は、老化に関するお話です。

 * * *
 先日、老化に関する恐ろしい話を聞いてしまいました。年をとると、内臓の消化・吸収の能力が衰えて、一度にたくさんお水を飲んでも、吸収できなくなってしまうんですって。

 だから熱中症を予防するには、一気に水分を補給しても駄目。少しずつ、何回にも分けてちょびちょび飲まないと、吸収されないのだとか。

 お水ですら吸収しにくい体になるなんて、本当にショックです。ということは、今まで大量に使っていた高級美容液やらクリームのほとんどは、私の体を素通りしていっただけってこと? 思わずため息をついてしまいました。

 そうはいってもメンテナンスすることに、一切の無駄はありませんよ。

 実は昨日もある会食に出席したのですが、私より年上だと信じ切っていたかたがたが、会話の中で全員年下だったと発覚したのです。しかも、かなり丁寧な敬語で話していたことから、私が皆さんの年齢を大きく誤解していたことがバレバレ。気まずいなんてもんじゃありませんよ。

 正直言って、「こんなオバちゃま、オジちゃまより私は年上なんだ…」と思うと、悲しいような嬉しいような。

 とはいえ、「見た目年齢は自分がいちばん若いと思えていたんだから、喜んでおきましょ」と、いったんは自分を納得させようとしたのですが、すぐに「いいえ、私の目標はもっと高いところにあるはず!

 身近な人と比べてニンマリしていたら、進歩が止まるどころか老化の坂道を転げ落ちるわよ」と、自分を戒めたのでした。

 結局、若さをキープするとか、美しさを追い求める行為って、いかに“自分ワールド”を持っているかにかかっているのではないかしら。

 お花を育てるように、日々、お水をあげたり、肥料をまいたりして、一生、自分をケアしていかないとね。

 幸いなことに、現代社会はアラフィフ以上の、私たち大人が最大勢力です。ますます高性能の化粧品は開発され、「年甲斐もなく」なんて言われる心配もありません。

 何才になっても少女のような心で夢を見ながら、咲き続けていきましょうよ。薔薇は薔薇として、タンポポはタンポポなりに。

 オバさん、万歳!

※女性セブン2015年7月9・16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
デザイン墓ブーム 光反射するガラスの「光り墓」は410万円
食前酒にシャンパンなど炭酸が多いのは合理的理由ありと識者
しなびた野菜が蘇る「50℃洗い」のメカニズムを開発者が解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP