ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国警官 慣れた反日デモよりMERSが脅威で全員マスク着用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ここに紹介する写真は、警官隊とにらみ合う市民団体。年中、反日デモが起きている韓国では見慣れた風景だが、いつもと異なる点がひとつある。

 日韓基本条約の調印から50年を迎えた6月22日、ソウルのウェスティン朝鮮ホテルで朴槿恵大統領出席の記念式典が開かれたのだが、ホテルの外でデモ隊に向かい警備にあたる警官が全員、マスク姿なのだ。いうまでもなく、韓国で感染拡大中のMERSコロナウイルス対策である。

 韓国では、デモ警備に駆り出されるのは兵役の代わりに警察に勤務する「義務警察官」が中心。彼らはみな寮生活を送るため、一人でも感染者が出ると警官の間で拡大しかねないので、予防に躍起になっているのだ。

 韓国警察庁警備課の担当者によると「MERSが流行してから、希望者にはマスクを制限なく支給しているが、着用を義務付けているわけではない」とのこと。

 しかし、デモ隊、報道陣らと並び、揃ってマスク姿なのは約100人集まった警官だけ。全員きっちりマスクをする様子を見る限り、慣れた反日デモよりも、不慣れなMERSのほうが脅威のようだ。

※週刊ポスト2015年7月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
デモ参加の還暦闘士達 若い警官の慣れぬ交通整理にダメ出し
慰安婦記念像を警官が守る韓国“反日無罪”の国家状況が続く
成田空港でMERS水際作戦強化も「しないよりまし程度」と識者

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP