ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

普及の兆し、国内定額制音楽配信サービスのオーバービュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月30日のApple Musicのスタートを間近に控え、国内でも定額制音楽配信サービスに関しての話題が、音楽業界に限らず各方面で広く取り上げられはじめている。いよいよ普及の兆しが見えてきた定額制音楽配信サービス、改めてそのオーバービュー(2015年6月29日時点)からおさらいしてみる。   AWA Apple Music KKBOX LINE MUSIC 提供 CA/avex Apple KKBOX LINE/SME/
avex/UM リリース 2015.05.25 国内未定 2013.06.01 2015.06.11 料金 Premium:¥1,080
Lite:¥360 — ¥980 プレミアム:¥1,000
ベーシック:¥500
学割有 楽曲数 100万〜 — 1,000万〜 150万〜 ウィンドウ ケースによる — ケースによる ケースによる ユーザー数 100万〜
(06.10時点) — — 300万〜
(06.22時点) 特徴 プレイリスト
ラジオ&オンデマンド For You
Beats1
Connect
オンデマンド Listen With
オンデマンド LINE連携
学割
オンデマンド   レコチョク Best うたパス dヒッツ 提供 レコチョク KDDI ドコモ/レコチョク リリース 2013.03.04 2012.06.27 2012.07.03 料金 ¥980 ¥324 ¥540 楽曲数 150万〜 200万〜 200万〜 ウィンドウ ケースによる 無し ケースによる ユーザー数 — — 300万〜 特徴 レコメンド
オンデマンド Now On Air
アーティストMix
ラジオ型 マイヒッツ
ラジオ&オンデマンド

ヌルヌルサクサク動くUIで洗練されたデザインのAWAは、著名アーティストおよびユーザーの作成したプレイリストで知らない音楽、久しぶりの音楽との出会いを提供する。アプリをダウンロードすればログイン無しにすぐ音楽を聴くことができ、エントリーしやすい価格帯のラジオ型プランも用意。現状、邦楽よりも洋楽の割合が多くなっている。6月30日からはTVCMも開始し、本格的なプロモーションも始まるようだ。

一足先に国内サービスインしていた、KKBOXは、現状では国内最大楽曲数の1,000万曲をカタログしている。「Listen With」は、アーティストや友達と一緒に音楽を聴くことができる特徴的な機能。台湾発ということで、アジアの音楽にも強い。

開始12日間で早くも300万DLを突破したLINE MUSICは、LINEとの連携が可能。シンプルなインターフェイスで、その他ソーシャルメディアへの共有も容易となっている。若年層に向けた学割もあり、視聴時間に応じたプランを設けている。

レコチョクが提供するレコチョク Bestも、一足先に開始していたサービス。好きなアーティストに絞った聴き放題の「アーティストプラン」はユニーク。最近ではソケッツ社の技術を活用した、パーソナライズレコメンド機能を追加した。

いわゆるラジオ型のau うたパスは、オンデマンドの再生はできないが利用料がリーズナブルで、ウィンドウが無く新譜がCDリリースと同タイミングで配信される。

ドコモのdヒッツは、ストリーミングラジオとオンデマンドのハイブリッド。オンデマンドでは、「マイヒッツ」という1ヶ月間に10曲までは聴き放題にできるという独特の機能を持つ。

他にも多くのプレイヤーが鎬を削る定額制音楽ストリーミング市場、Apple Musicの参入も含め今後も動向に注目が集まる。

関連リンク

AWA
KKBOX
LINE MUSIC
レコチョク Best
うたパス
dヒッツ

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP