ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Spotify、データ解析専門の「Seed Scientific」買収

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

Spotify、データ解析専門の「Seed Scientific」を買収。Beats Musicにもデータ提供するスタートアップ

定額制音楽ストリーミングサービスのSpotifyは、データ解析のスタートアップ「Seed Scientific」の買収を発表しました。Seed Scientificは、2012年に創業したニューヨークのスタートアップ。買収金額は明らかにされていません。

彼らのクライアント・リストにはAudiやUniliver、国連が名を連ねますが、音楽サービス関連ではアップルが買収したBeats Musicも彼らのデータ提供先に含まれていたことが注目されています。

Spotifyは買収に伴い、Seed Scienfiticが今後アップルへのデータ提供を止め、Spotifyへ独占的にデータ提供するとTechCrunchに説明しています。

買収の目的はアーティストやリスナー、企業やブランドがSpotifyとどのようにインタラクションを行うかをより深く理解し、サービスの改良に活用するため。そのため、SpotifyとSeed Scientificはデータ解析専用チーム「Adcanced Analytics unit」を新たに立ち上げます。このチームのリーダーにはSeed Scientificの創業者でCEOのアダム・ブライ(Adam Bly)が就任する予定です。

Seed Scientificは企業のデータ解析用に特定のアルゴリズムを開発、データ・ディスカバリー、収集機能、データ・サイエンス、ビジュアリゼーション・サービスを提供してきました。

Spotifyは昨年、音楽メタデータのソリューションプロバイダー「The Echo Nest」を買収したことが話題になりました。Echo NestもまたSpotifyに買収される前はBeats Musicにデータを提供していました。アップルも2015年1月にロンドンの音楽データ解析のスタートアップ「Musicmetric」を買収するなど、データ解析の領域への注目の高さが伺えます。買収の背景には、Spotifyがさらなるレコメンデーション機能の強化を目指すため、データ解析企業を傘下に収めていることがあげられます。例えば、リスナーにはより最適な曲を、アーティストにはファンの行動を、ブランドにはターゲットされた広告を、それぞれ提示することも実現しやすくなります。特にSpotifyは人のスケジュールやムード、アクティビティに基づいたレコメンデーションから、新しい音楽との出会いを強化しているところ。定額制音楽ストリーミングサービスの話題はテイラー・スウィフトやロイヤリティの話ばかりが注目されていますが、その裏ではデータサイエンスの領域で競争もひっそりと進んでいます。

■記事元http://jaykogami.com/2015/06/11603.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP