ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

しずくだうみ、新作は「すべての曲が特定の個人への私信」 配信開始&新曲MVも公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

鍵盤弾き語りをメインに活動する闇ポップ・シンガー・ソングライター、しずくだうみの3rd E.P.『透明コンプレックス』が、OTOTOYで配信開始された。

配信特典として、手書き歌詞カードと未発表写真のPDFデータが付属。24bit / 48kHzのハイレゾ版も配信されている。また、収録曲「さようなら」のMVも公開された。

前作『泳げない街』に比べシンプルなアレンジで、弾き語りの要素が前面に出ている本作。しずくだは「すべての曲が特定の個人への私信である」と語っており、より一層「闇ポップ」さが際立つ作品となっている。

アレンジおよび録音はゲーム音楽の制作やバンド、野獣のリリアンなどで活動する吉田仁郎が担当。すべて楽器、歌の録音も仁郎の自宅スタジオで行われた。もともと、しずくだから「弾き語り+多少の味付けぐらいのアレンジで」とリクエストがあったそうで、シンプルながらもそれぞれの曲で違う楽器を使用するなど、随所に仁郎のこだわりが光るアレンジとなっている。特に「いじわるなきみのこと」では仁郎自身が演奏したバイオリンを使用。ピアノと歌、ストリングスの絶妙な絡みは、ぜひじっくりと聴いてほしい。

MVとなった「さようなら」は、本作のなかで唯一バンド・アレンジが施されている。こちらは、透明感のある映像を意識しつつ、「王道闇ポップでありながらも、インパクトを重視したアレンジを心がけた」とのこと。その言葉どおり、後半にかけて盛り上がりをみせる曲展開にはぐっと引き込まれ、ラストを飾るにふさわしい仕上がりとなっている。

厳選された4曲は、心の闇の部分を強調した歌詞をふくめ、彼女の魅力が存分につまっている。まだ、しずくだうみを知ったばかりという方も、この音源から彼女の闇に足を踏み入れてみてはいかがだろうか。(前田将博)

しずくだうみ 3rd E.P.『透明コンプレックス』より 「さようなら」

https://youtu.be/p2ffbWhg0ds

■しずくだうみ『透明コンプレックス』
・24bit/48kHz OTOTOY配信ページ
http://ototoy.jp/_/default/p/53453
・OTOTOY配信ページ
http://ototoy.jp/_/default/p/53452

【収録曲】
1.ゲーム
2.血のインクといちょうの木
3.いじわるなきみのこと
4.さようなら

・2015年注目の女性シンガー・ソングライター2人が語る「女の子が歌う理由」――しずくだうみ×タグチハナ対談&ハイレゾ配信!!
http://ototoy.jp/feature/index56.php/2014121501/

・しずくだうみ オフィシャルサイト
http://szkduminfo.tumblr.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP