体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『ブラフマン』箭内道彦監督に直撃、BRAHMANとの出会いと関係性とは【前編】

映画『ブラフマン』箭内道彦監督に直撃、BRAHMANとの出会いと関係性とは【前編】

今年20周年を迎える日本を代表するロックバンド・BRAHMANを描いた話題のドキュメンタリー映画『ブラフマン』。あまり見られることのなかったBRAHMANの素顔を映し出したのは、数多くの広告を手掛ける稀代のクリエイティブディレクター・箭内道彦。
撮影も手持ちカメラを使って自身で担当し、本作から生まれた主題歌の「其限 ~sorekiri~」のMVも撮影した箭内監督に話を伺った。

――映画『ブラフマン』拝見させていただきました。もう泣きっぱなしでした。あの<ビスコ>のCMに出ていたTOSHI-LOWさんとりょうさんの息子さんがあんなに大きくなって…。

箭内:そこ!?(笑)

――はい、もう涙が止まらなくなっちゃって…。

箭内:いいですね、こっちとしては願ったりかなったりです(笑)。ずいぶん大きくなったよね。あの<ビスコ>のCMは2010年に撮ってますから、もう5年近く前だなあ。
でも、それはいい話ですね、映画と全く関係ないけど(笑)。彼が大きくなったってことは伝えることができた!

――劇中冒頭でRONZIさんにメンバー紹介を聞いていますが、箭内さんがBRAHMANの4人を紹介するとしたら…?

箭内:嫌な質問ですねえ、いきなり(笑)。結局、自分でしたくないから代わりに映画を撮ったというか、他の人に聞いたんだなって、いま聞かれて思いました。『月刊 風とロック』でも最初の頃に「ロックとは?」って質問をみんなにしていて。でも、自分が聞かれると何て言ったらいいか分かんないっていうか、自分に答えのないものを人に聞くことが多いんだなって。僕らはインタビューする側ですけど、最初から答えを持っててインタビューするのって面白くないじゃないですか。たまに「何とか言わせるまで返さないぞ」みたいな人もいますけど(笑)。

なんか、答えを決めたくない性格なんだと思うんですよ、言い切りたくないというか。だからTOSHI-LOWがどんな人か? って、あんまり考えたことなかったですし、言ってもまた違うような気もするし…。それは映画の中で、りょうちゃんが「いろんなTOSHI-LOWがいるから、その一個だけを抽出することは不可能だ」って言ってたみたいに、人ってみんなそうなんじゃないかって思うんですよね。

だからロンちゃんに「一言で紹介しろ」って(笑)。ロンちゃんは上手いこと言ってるなと思います。でも、人ってもっと複雑かつシンプルっていうか…って言いながら、答えなきゃいけないものから今逃げてるんでしょうね、僕は。

――BRAHMANの4人との交流はいつ頃から始まったんでしょうか?

箭内:僕の大学の先輩であり予備校の先生でもあったタナカノリユキさんが90年代後半にBRAHMANのミュージックビデオを撮ってて、タナカさんと色々話してるときに「BRAHMANっていうバンドのビデオやるんだ」って見せてくれたMVがすごくカッコよくて。でも俺はこっちの感じじゃないなーなんて、ずっと思ってたんです。

それで、2005年のフジロックでTOSHI-LOWに『月刊 風とロック』でインタビューをしました。この時は話も全然噛み合わないし、お互い「なんか、つまんねえ時間だな」と思ってて(笑)。「この人とは友達になる必要ないな」ってお互いに思ってたんじゃないですかね。
それが、2010年にEGO-WRAPPIN’とBRAHMANが一緒にシングルを出すってなって、その頃から急速に距離が縮まりました。「5年ぶりに会ったら、なんか喋りやすいなあ」なんて、お互いにね。
だから人って出会う時期によって、例えば10年前だったら友達にならなかったような、20年前だったら絶対に付き合ってないような人ともね、自分が歳をとったり、相手も違う生き方をしていく中で、色んなマッチングがあるんだなって思いました。

その後、僕が演出した<ちふれ>のCMにりょうちゃんが出てくれたんですけど、その時の音楽がBRAHMANで、続けて<ビスコ>のCMがOAU(OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)の曲になって。

OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND “夢の跡”
https://youtu.be/JZlBddtFHKI

1 2 3次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。