ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BEGIN主催「うたの日コンサート」で秦基博らがパフォーマンス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BEGIN主催の野外イベント“うたの日コンサート”が6月27日に嘉手納町兼久海浜公園で行われた。

開催15回目となる“うたの日コンサート”の今年のテーマは、「全員参加で作る“うたの日コンサート”」。これまでのうたの日コンサートは、観客に“うた”を楽しんでもらう一日を作ってきたが、今年は新たな取り組みとして、「観客も出演者」というテーマで開催された。観客も“うた”を聞くだけではなく全員参加型のうたの日コンサートとなった。

オープニングMCで早くもBEGINが登場。「15回目を迎えました、おめでとうございます!うたの日コンサートは生き物ですから、常に変わっていくんです。15回目ですけれど、まだ完成していないんです。まだまだうたの日に教えられる事もあります。これを毎年続けていくためにどうしてするか?次の世代にも繋いでいかなければいけないので、この15回目の節目で新たな方向性を見つけて行こうと。うたの日コンサートは、皆さんも“参加できるコンサート”になります。これがいろんなフェスとは違うところ。僕らはバックバンドで皆さんがアピールできる場をどんどん作っていきます。そこで思いっきり発散してください。」

トップバッターは、栄昇が気になって見ていたという、沖縄の人気オーディション番組で優勝したボーカルユニット“Sky’s The Limit”が登場。バラードもアッパーなナンバーまで歌いこなしオープニングに勢いをつけ、続けて、沖縄とブラジルのかけ橋になるべく結成した姉妹ユニット“宮城姉妹”がキッズダンサーと共に、ダイナミックなパフォーマンスを披露。そして、ここからは初の試み。

まずはハワイから【フラの部】。フラダンサーのバックバンドをBEGINが努める。ハワイのアーティスト/ケアリィ・レイシェルの「カノホナピリカイ」(原曲:涙そうそう)で、太陽を青空を背に優雅な舞を披露。沖縄の風土とフラのゆったりとした舞いが会場にさわやかな風を届けた。続いては沖縄が戦後の食糧難を、ハワイに渡った移民の方々に豚を含めた物資を送ってくれた事で乗り切った事に感謝する曲「ウルマメロディ」で、琉球國祭り太鼓が登場。フラとエイサー、ハワイと沖縄のコラボが見事に実現。ここでしか見れない国を超えたこの1シーンに心躍った人も多かったはず。

その勢いのまま、今度は【エイサーの部】スタート。琉球國祭り太鼓の力強い迫力のあるサウンドでBEGINの“オジー自慢のオリオンビール”“三線の花”。そして“島人ぬ宝”では、覆面をかぶった琉球ドラゴンプロレスのレスラーも太鼓を持ってステージ上でエイサーの仲間入り。子供から大人までまさに老若男女(+プロレスラー)のエイサーはこれまた圧巻。

そして、ここでガレッジセール登場で【いちゃりば結大会】。先だって行われた予選を通過した優秀者がステージに。それぞれが作った“結うた”をそれぞれの間とオチで会場を沸かせた。

うたの日では初の浪曲師“澤雪絵”、ブラジルと沖縄の魂を持つ21世紀の歌姫“メリッサ”も登場。メリッサは12歳とは思えない伸びと艶のある堂々としたパフォーマンス。BEGINもメリッサが歌う「涙そうそう」には驚いた。ここまででも十分、まさに垣根のない“今年のうたの日コンサート”がさらに彩りを増していった。

そして、BEGINのメインステージ【マルシャ ショーラ第1部】。今、取り組むはブラジルのカーニバルマーチ“マルシャ”。そこに、ショーラという八重山方言(~しようよの意)を加えた、ビギンのマルシャ ショーラを披露。打楽器の2拍子のリズムで会場のお客さんも自然と揺れだした。そこに宮城姉妹や子供ダンサーも登場、曲にあわせた振り付けが徐々に会場全体を巻き込み始めた。暑さを物ともせず踊りまくる。これもマルシャの特徴。“島人ぬ宝”“国道508号線”や新曲“バルーン”も披露。

会場が“熱”を持ってひとつになったところで、“秦基博”の登場。アコギ1本、弾き語りで「アイ」「鱗」などを披露。熱をもった会場を静かに、そして心地よくクールダウン。沈みかけの海岸線の太陽も静かに身をひそめる自然の演出も相まってステージにぐっと引き寄せられた。MCでは、「学生時代によくBEGINの曲をコピーしていた」という。今回、秦のリクエストにより、BEGINと「恋しくて」をセッション。こんなコラボもうたの日ならでは。

「うたの日という事で、恋しくてを聞くと、自分がギターを覚えたての頃、“一人でブルースってなんだろう”、って考えながら、憧れながら歌っていたのを今、思いだしました。この日の空気と風が皆さんの思い出というか、すてきな1日の彩りになってくれたらいいなと思います。」そう語った後、イントロを弾いただけで歓声があがった映画「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌“ひまわりの約束”で締めくくった。栄昇も秦の歌声に「魔法をかけられたようだね」と絶賛。

そしてBEGIN比嘉栄昇プロデュースで昨年、CDもリリースした沖縄の伝説のハードロックバンド/コンディション・グリーンのVo.かっちゃんが登壇。ハスキーな声とダンディズムな装いで、洋楽「Stand By Me」「What a Wonderful World」などをカバー。

本編最後は再びBEGIN登場でマルシャ ショーラ第2部。
今度は、日本と沖縄のスタンダードナンバーをマルシャVerで披露。「安里屋ユンタ」に始まり、「また逢う日まで」(尾崎紀世彦)、「月がとっても青いから」(菅原都々子)などなど。ブラジルやチリの留学生も参加してのダンサーチームが宮城姉妹とともに会場を練り歩き、盛り上がりに拍車をかけた。そして「笑顔のまんま」と「涙そうそう」もマルシャバージョン。

最後はもちろん、今回のテーマでもある全員参加のアンコールで、出演者総勢430名、ステージを所狭しと並び、また客席を包むようにして、BEGINの「かりゆしの夜」を熱唱、思い思いに歌い、踊り続けた。最後は大カチャーシー大会で約5時間の疲れをものともせず、最後の最後も会場が波打った。

夏の始まりの1日を、【うた】を通したこのイベントで、子供たちから年配の方々まで、家族で楽しめた、まさに全員参加の今年“うたの日コンサート”。「“来年のうたの日までの1年、楽器やバンドを練習してうたの日に出よう!”と目指してもらえるような形にしていきたい」そんな思いで、うたをお祝いするコンサートは続いていく。

関連リンク

BEGIN オフィシャルサイトhttp://www.begin1990.com/
BEGIN レーベルページhttp://www.teichiku.co.jp/artist/begin/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP