ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クナイプからバスタイムがまるで森林浴になる、「森」をコンセプトにした初のバスソルトが新発売!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


株式会社クナイプジャパンは、ドイツ生まれのハーバルブランド クナイプから「クナイプ グーテルフト バスソルト パイン〈松の木〉&モミの香り」を発売した。

夏は特にバスタイムで体をすっきりさせたい季節。そして疲れた体と共に、心まで癒したい時に役立つのが、良い香りのバスソルトだ。

クナイプのバスソルトは、天然ハーブのエッセンシャルオイルと、2億5千万年前の古代海水から採取した天然岩塩を使用し、様々な香りのラインナップで人気だが、この度「森」をコンセプトにした初めての製品「クナイプ グーテルフト バスソルト パイン〈松の木〉&モミの香り」が登場した。

「クナイプ グーテルフト バスソルト パイン〈松の木〉&モミの香り」の「グーテルフト」とは、ドイツ語で「よい空気」という意味。このバスソルトは、すがすがしい木々のオイルをお風呂の蒸気でゆっくり吸い込む事で、まるで森林浴のようなお風呂が楽しめる。
さっと嗅ぐだけで「森」を感じられる香りの秘密は、パイン(松の木)とモミのエッセンシャルオイル。
バスタイムで、日々の疲れやストレスを解きほぐし、心身ともにリフレッシュできそうだ。

目を閉じて森の中で深呼吸をするように楽しんでみて。豊かな香りに、身体も心もすっきり爽快に導いてくれるでしょう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP