体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HKT48 横アリ2days最終公演で指原水着ライブ&映画『DOCUMENTARY of HKT48』での監督デビュー発表

HKT48 横アリ2days最終公演で指原水着ライブ&映画『DOCUMENTARY of HKT48』での監督デビュー発表

 昨年9月より初の全国ツアー【HKT48全国ツアー ~全国統一終わっとらんけん~】をスタートさせたHKT48。6月27日と28日 横浜アリーナにてファイナル公演を開催した。

HKT48 ライブ写真一覧

 開場中のロビーでは、全国ツアーで各地実施してきた【HKT48展】をスケールアップ。約300点にものぼる写真や衣装の展示、また全メンバー等身大ののぼりやコンサート映像の上映、そしてメンバーの親族とHKT48スタッフによる館内ラジオを放送するなど、ロビーも大変な賑わいをみせていた。

<メンバーの冨吉明日香が恐竜に食べられてしまう一幕も……>

 公演はAKB48の「AKB参上!」をアレンジした「HKT参上!」でスタート。指原莉乃が「HKTいくぞー!」と声を上げると、お客様からは大歓声が上がり、博多弁で歌う「君のことが好きやけん」、シングル曲の「控えめ I love you!」など、アップテンポナンバーをノンストップで披露。メンバーが客席近くまで登場し、パフォーマンスを行った。また、ステージ上に突如8m級の巨大恐竜が3頭、客席の花道には2m級の恐竜が2頭登場。客席からも悲鳴が上がり、メンバーの冨吉明日香が恐竜に食べられてしまう一幕も……。しかしその後、ステージ上の風船が割れ、中から冨吉が登場するマジック演出もあった。

 その後のMCで指原は「ファイナルとなると恐竜が来るんですね」と話し、選抜総選挙のスピーチですっかりナルシストキャラが定着した神志那結衣は、お決まりの鏡を取り出すシーンもあり、会場からは大きな笑い声が。ユニット曲では【第2回AKB48グループ ドラフト会議】にてHKT48に指名されたドラフト2期研究生の村川緋杏(むらかわ・びびあん)が先陣を切って登場。村川は初の大舞台に緊張した様子だったが、「びびあんコール」を巻き起こしていた。その後、同じくドラフト2期研究生の今村麻莉愛と松岡はなも登場し、HKT48正式加入を発表している。

<HKT48、吹奏楽に挑戦 全45名のメンバーで「フライングゲット」>

 公演中盤、突如暗闇の中、楽器を練習するメンバーの映像が。映像の中で指原は「なんかしなきゃなとずっと思っていて、みんなで出来る何かをやろうと思った時に色々考えたんですけど…誰かが欠けたら出来ない、全員が必要な、全員が必要とされる企画だなと思ったので吹奏楽がやりたいと思いました」と語り、ステージ上には各メンバーが楽器とともに登場し、なんと「フライングゲット」を全45名のメンバーが吹奏楽で演奏。会場からは盛大な拍手や歓声が上がっていた。

 指原は「絶対に情報が漏れないように徹底して、とにかく楽器を持ってる姿を見られるのも禁止にした」と極秘プロジェクトだったことを明かし、森保は「最初は戸惑ってたけど一生懸命みんな練習していた」と話していた。その後、BOφWY「ONLY YOU」、「ロックだよ、人生は…」をバンドスタイルで披露。「ONLY YOU」ではサビの部分で観客との大合唱となり、大盛り上がりとなった。

<AKB48選抜総選挙 1位奪還公約の水着コンサート>

 アンコール最後の曲「メロンジュース」で突如、白い幕が登場。ステージ上で生着替えを行った指原が水着姿で現れると、会場は大歓声に包まれる。AKB48選抜総選挙1位奪還の公約としていた水着ライブを実現させた指原は「最高! これから毎回水着で出ます!」と話し、大盛り上がりのなか1日目の公演を終えた。

<最年少11歳の今村麻莉愛 兒玉遥と宮脇咲良を従えセンターポジション>

 2日目は2公演を開催し、24000人を集客。この本日も巨大恐竜の登場や吹奏楽、そして指原莉乃の水着ライブなど盛りだくさんのコンサートとなった。棒読み演技がすっかりキャラとなってしまった朝長美桜は巨大恐竜に食べられてしまうシーンに挑戦するも、あまりの演技力の無さに、その後のMCで「三回公演の中で一番下手だった」「(恐竜の口に)自分からいっちゃったね」とまわりのメンバーからツッコまれる。また、ドラフト2期研究生の村川緋杏がユニット曲のセンターで前日ステージデビューを飾ったが、この日は昼公演で松岡はなが得意のダンスを武器に指原莉乃と多田愛佳とともにダンスナンバーを披露、夜公演はHKT48最年少11歳の今村麻莉愛が自身の名前にちなんで「MARIA」を兒玉遥と宮脇咲良を従え、センターポジションで堂々と歌い上げた。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy