ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

溶岩石プレートで焼く「サムギョプサルセット」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月20日放送の「王様のブランチ」(TBS系、毎週土曜午前9時30分)で、「安蘭けいさんの『常連めし』」と題して、女優の安蘭けいさん、夢咲ねねさん、番組リポーターの寺田ちひろさん、竹内佳菜子さんが、「韓豚屋(ハンテジヤ) 有楽町店」(東京都千代田区)を訪れた。

 日比谷駅から徒歩2分の高架下にある同店は、安蘭さんが舞台公演後、よく行くという韓国料理店。おすすめは「サムギョプサルセット」(1人前1350円 税込み)。140gの豚肉に野菜の食べ放題が付いている。分厚い肉は店員が焼いてくれる。溶岩石プレートで焼くので、遠赤外線の効果でふっくらジューシーに仕上がる。

 まず、ゴマ油のたれで肉を食べた夢咲さんは、「おいしい!」とコメント。寺田さんは「豚肉もすごく味が濃くて甘みもありますよね」と評した。安蘭さんのお気に入りの食べ方は、焼いたときに出た脂で、キムチやニンニクを焼き、肉と一緒にサニーレタスやエゴマの葉で巻き、辛みそと一緒に食べるというもの。その方法で食べた一同は「おいしい!」「これは間違いないですね」と口々に称賛した。

■話題のお店に追加取材■
 屋内ながら、本場韓国の屋台の雰囲気を楽しめるお店。ランチメニューでもやはり「サムギョプサル」が大人気、ビュッフェがもれなく付いてくるのでキムチやサラダバーなど、好きなものを好きなだけ食べることができる。ドリンクはホンチョといった韓国の飲み物、コーン茶・アイスコーヒーなどがそろい、おかわり自由。ランチはほかに「冷麺」や「豚丼」も人気、これらにもビュッフェが付く。

 夜も「チヂミ」「チャプチェ」「トッポギ」といった韓国定番のメニューがずらり。おすすめを尋ねたところ「ヤンニョムチキン」は屋台には欠かせない料理だそうで、韓国には専門店もたくさんあるとのこと。同店では「ヤンニョム」「パクチーチリ」「シラチャー」3つのソースを用意していて、どれも病み付きになる美味しさだ。

 これからの季節に嬉しいのが「冷麺」。オリジナル冷麺も好評で、「トムヤムクン冷麺」「豆乳冷麺」などバリエーション豊富。暑さに負けそうになったら頼んでみよう。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:韓豚屋 有楽町店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:有楽町・日比谷のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:有楽町・日比谷×居酒屋のお店一覧
緑色のビールが飲み放題! 料理もビールも抹茶づくしの「抹茶ビアガーデン」
定番の洋食から、パティシエ手作りのスイーツまでカジュアルに楽しめる洋食レストラン

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP