ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

病院で計測すると自宅よりも高めになる血圧 その対処法は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 自分は大丈夫と思っていても、自覚症状なしに進行するのが高血圧。気づいたら、動脈硬化や虚血性心疾患など、死に直結する病となって表れる、なんてことも珍しくない。

 そこで重要なのが、普段から自分の血圧の数値を知っておくことだ。それには血圧計で測るほかないのだが、病院で測った血圧(診療室血圧)と、家庭で測った血圧(家庭血圧)とでは、高血圧の基準が違うことをご存じだろうか。というのも、病院で測ると、どうしても緊張して、本来の血圧よりも高めの数値が出てしまう場合が多いのだ。そこで、本来の自分の血圧を知るには、リラックスした状態で、家庭で測るのがのぞましい。

 日本高血圧学会の「高血圧治療ガイドライン2014」でも、自宅で測る“家庭血圧”重視を打ち出し、初めて明記している。その証拠に、同ガイドラインが定める高血圧の数値は、診療室血圧が140/90mmHg以上のところを家庭血圧では135/85mmHg以上と、5mmHg低く設定されている。

「たとえば、仮面性高血圧や早朝性高血圧などは、病院では実態を把握できず、その意味で診療室血圧はあてにならないのが実情です。その点、毎日、家庭で血圧を測って記録をとっておけば、医師がそれを見て病気を発見できる場合もあります。それに、自分自身も体調のちょっとした変化にも気づくことができます。“あ、いつもより高いな”と思ったら、食事を変えてみたり運動をしてみるなどして、自己防衛できるのです」

 では、家庭血圧はどうやって測るのが望ましいのか。朝は排尿後の朝食前に、夜は入浴や飲食の直後を避けて、眠る前に、正しい測定姿勢で2回測って平均を手帳に記録するのが基本。「正しい測定姿勢」とは、「背筋を伸ばし、椅子に座って足は床につける」「腕帯の下側が肘関節より上になるように巻き、帯が心臓と同じ高さになるよう、肘下にタオルを敷く」「測定する側の手は手のひらを上に向けて力を抜く」ことだ。

 家庭用血圧器の中でも二の腕に腕帯を巻く上腕式タイプが、より正確な測定ができるのでおすすめ。

 もし家庭用血圧計がない場合には、保健所や健康センターなどの公共機関に設置するところも増えており、共用血圧計を利用するのも手だ。

 毎朝晩測る習慣をつけることが、なにより重要なのだ。

※女性セブン2015年7月9・16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高血圧通院男 測定時の看護師の胸チラで血圧急上昇していた
高血圧数値 米基準に比べて日本は「異常」認定の範囲が広い
ブラのカップ数に騙されてはダメ Eだと思ったらCの可能性も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP