ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

先の大戦で戦った日本人パイロット達の貴重な証言を収めた本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『撃墜王は生きている!』井上和彦/小学館 1400円+税

 昭和19年。本土に来襲するB29に対し、「飛燕」に乗る板垣政雄軍曹は体当たり攻撃を仕掛けた。機体は空中分解、板垣軍曹は機外に放りだされて失神。その後〈落ちていく途中で意識を取り戻したんです。そして落下傘が開いているかなと恐る恐る見上げたら、開かずにくるくる回っていたんですよ〉──。

 軍人として誇りを持ち戦った5名のパイロットたちの、生々しくも貴重な証言をもとにした知られざる「大東亜戦争」の記録である。

※週刊ポスト2015年7月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元日本軍戦闘機パイロット「B29へ体当たり攻撃」生還を語る
平成版『ひめゆりの塔』 中村獅童が叩き上げ兵隊のよさ見せる
日本人の偉業紹介した本に「日本人は捨てたものじゃない」評

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。