ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

着物スタイリストに聞く 浴衣でやってしまいがちな間違い

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE日曜午前の番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「DIANA Shoes ON FASHION」。6月28日のオンエアでは、着物スタイリストの森由香利さんが登場しました。

夏に向けて花火大会などで着る機会が増えてくる浴衣。浴衣を切れば気分も盛り上がりますが、その反面、普段着ないために悩むことが多いのも事実。オンエアでは、街頭インタビューで一般の人の浴衣に対する悩みをヒアリングし、プロの森さんに聞いてみました。

■はだけたり、着崩れを防ぐには?
素肌にそのまま着てしまう人も多いですが、浴衣用の肌着を着ると着崩れなくなります。体のラインも綺麗に見えるそうです。

■ドレスコードがある場所でも大丈夫?
実はこれが一番間違えやすいそう。浴衣は普段着なので、ドレスコードがあるようなレストランや歌舞伎座などはNG。

■浴衣と帯など色合いに悩む
いろいろと小物を身につけたくなってしまいますが、身につけるアイテムと色の数を絞ることがポイント。主役を決めて、そこに合わせることが基本。

■短いミニ丈の浴衣はアリ?
よっぽどスタイルが良くないと格好悪い。浴衣は全身を覆うことで、どんな人でもスタイルが良く見えるという良さがあるので、ミニはもったいない。浴衣本来の形の良さを楽しむと良い。

■ズバリ、浴衣を着こなすポイントは?
男性は、帯を腰骨の真上くらい低い位置に巻くと格好よく見える。女性は、前の襟をきっちり合わせて、後ろの襟を少し風が通るようにぬくと涼やかに見える。

歌舞伎座など、和装が似合いそうな場所でも、ドレスコードがあるような場所はNGなんですね。これからの季節、浴衣の基本やマナーを理解して、楽しく街やイベントに出かけましょう。

【関連サイト】
「SMILE ON SUNDAY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP