ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

反対署名が集まったカニエ・ウェストのステージに英コメディアンが乱入し中断

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月27日に行われた【グラストンベリー・フェスティバル 2015】でのカニエ・ウェストのステージに突如、邪魔者が乱入したようだ。

 ステージに乱入した人物は、“リー・ネルソン”というキャラクターを演じる英コメディアン、サイモン・ブロッドキンだったと確認されている。デイリー・メール紙によると、カニエのアルバム『イーザス(YEEZUS)』をもじり“リーザス(Lee-zus)”と書かれたTシャツを着た彼は、警備員によって即座にステージから引きずりおろされたとのこと。その様子を映した映像がBBC Radio 1Xtraのツイッターに掲載されている。

 サイモン・ブロッドキンは「カニエは【グラストンベリー】でヘッドライナーを飾るべきじゃないって色んな人が言っていたんだ。だから俺が彼らに手を貸したのさ」と話しているという。NMEの報道によると、「ブラック・スキンヘッド」を歌っている際に乱入があり、カニエは同曲を初めからやり直す羽目になったようだ。

 今年の同フェスを前に、ロック系アーティストではないカニエのヘッドライナーを取り消すよう13万4,000人もの署名が入った嘆願書が出されていたとのこと。足の負傷によりフー・ファイターズでの出演をキャンセルしたデイヴ・グロールは、カニエのパフォーマンスは“過去にない素晴らしいショー”になるか“大失敗に終わる”かどちらかだろうと推測していた。

 なお、カニエ・ウェスト自身もステージに乱入する常習犯だ。2009年9月に【MTV Video Music Awards】で最優秀女性ビデオ賞を獲得したテイラー・スウィフトの受賞スピーチ中に乱入し中断させたり、2015年2月にも、【グラミー賞】でベックが最優秀アルバム賞を獲得した際に壇上へあがろうとしていた。ちなみに彼は2回とも、ビヨンセが受賞するべきだとの見解を述べていた。

 【グラストンベリー・フェスティバル 2015】の6月28日の大トリはザ・フーが務めている。

関連記事リンク(外部サイト)

Ms.ローリン・ヒル&コモンが単独来日公演へ、テイラーV.S.アップル、ニュー・オーダーやジャネットなど大物が新作続々:今週の洋楽まとめニュース
スレイヤー、約6年ぶりの新作アルバムを9月発売
交際中のテイラー・スウィフト&カルヴィン・ハリス、“世界で最も稼ぐカップル”に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP