体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BEGIN、秦 基博も参加した主催イベント「うたの日コンサート2015 in嘉手納」が大盛況

6月27日(土)に嘉手納町兼久海浜公園にて、BEGINが主催するイベント「うたの日コンサート2015 in嘉手納」が行われた。

6月27日(土)@『沖縄からうた開き!うたの日コンサート2015 in 嘉手納』 (okmusic UP's)

15回目となる今年のテーマは「全員参加で作る“うたの日コンサート”」。これまでは、観客に“うた”を楽しんでいただける一日を作ってきたが、今年は新たな取り組みとして、「観客も出演者」というテーマで、観客も“うた”を聞くだけではなく、全員参加型の「うたの日コンサート」として開催。アーティストとか観客とかステージとか客席とか、そういった様々な垣根をとりはらい、思い思いに歌い奏で、みんなが笑顔になれる一日にと、まさに「うたの日」の原点回帰。そして、ジャンルレスな方々が集まった。

オープニングMCで早くもBEGINが登場。「15回目を迎えました、おめでとうございます!うたの日コンサートは生き物ですから、常に変わっていくんです。15回目ですけれど、まだ完成していないんです。まだまだうたの日に教えられる事もあります。これを毎年続けていくためにどうしていくか?次の世代にも繋いでいかなければいけないので、この15回目の節目で新たな方向性を見つけて行こうと。うたの日コンサートは、皆さんも“参加できるコンサート”になります。これがいろんなフェスとは違うところです。僕らはバックバンドで皆さんがアピールできる場をどんどん作っていきます。そこで思いっきり発散してください」と話した。

トップバッターは、栄昇も気になって見ていたという沖縄の人気オーディション番組で優勝した、ボーカルユニット“Sky’s The Limit”が登場。バラードもアッパーなナンバーも歌いこなしオープニングに勢いをつけ、続けて沖縄とブラジルのかけ橋になるべくして結成された姉妹ユニット“宮城姉妹”がキッズダンサーと共に登場し、ダイナミックなパフォーマンスを披露してくれた。

そして、ここからは初の試み。まずはハワイから【フラの部】。フラダンサーのバックバンドをBEGINが努め、ハワイのアーティスト/ケアリィ・レイシェルの「カノホナピリカイ」(原曲:涙そうそう)で、太陽と青空を背に優雅な舞を披露。沖縄の風土とフラのゆったりとした舞いが会場にさわやかな風を届けた。 続いては、戦後沖縄を襲った食糧難を、ハワイに渡った移民の方々から豚を含めた物資を送ってくれたことで乗り切れた…ということを感謝する曲「ウルマメロディー」で、“琉球國祭り太鼓”が登場。フラとエイサー、ハワイと沖縄のコラボが見事に実現。ここでしか見られない国を超えたこの1シーンに心躍った人も多かったはず。

その勢いのまま、今度は【エイサーの部】がスタート。“琉球國祭り太鼓”の力強い迫力あるサウンドでBEGINの「オジー自慢のオリオンビール」「三線の花」を。そして「島人ぬ宝」では、覆面をかぶった“琉球ドラゴンプロレス”のレスラーも太鼓を持ってエイサーの仲間入りをし、子供から大人までまさに老若男女(+プロレスラー)のエイサーはこれまた圧巻であった。

そして、ここで“ガレッジセール”が登場し【いちゃりば結大会】へ。「いちゃりば結(ゆい)」は、沖縄の魅力をオリジナルの歌詞で伝えていく「おきうたプロジェクト」として制作されたもので、先だって行われた【いちゃりば結大会】の予選を通過した優秀者がステージに立ち、それぞれが作った“結うた”を披露して、それぞれの間とオチで会場を沸かせた。うたの日では初の浪曲師“澤雪絵”、ブラジルと沖縄の魂を持つ21世紀の歌姫“メリッサ”も登場。メリッサは12歳とは思えない伸びと艶のある堂々としたパフォーマンスで会場を魅了し、BEGINもメリッサが歌う「涙そうそう」には驚いていた。

ここまででも十分、まさに垣根のない“今年のうたの日コンサート”がさらに彩りを増していった。

BEGINのメインステージ【マルシャ ショーラ第1部】。ブラジルのカーニバルマーチ“マルシャ”。そこに、“ショーラ”という八重山方言(~しようよの意)を加えた、ビギンのマルシャ ショーラを披露。打楽器の2拍子のリズムで会場のお客さんも自然と揺れだした。そこに“宮城姉妹”や子供ダンサーも登場。曲にあわせた振り付けが徐々に会場全体を巻き込み、暑さをものともせず踊りまくる。これもマルシャの特徴。「島人ぬ宝」「国道508号線」や新曲「バルーン」も披露された。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。