ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男性のテンションを一気に上げる「褒めタイミング」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


男性は、ある程度の年齢になると、褒められる機会が減っていきます。そのため、ちょっとしたことでも褒めてもらえると「俺のこと意識してるのかな?」と気になってしまいます。
職場やグループで人気を集める女性は、男性をよろこばせる一言を、最高のタイミングで自然と言っているのです。

「なんか疲れてない? 最近、頑張ってたもんね」

男性は、健康や体調を気にかけられると「優しい」「見ててくれてるんだ」とテンションが上がります。ましてや、一生懸命やっていたことを評価している声がけならさおさら。
「はい! 栄養剤」「チョコ食べなよ」などと、ちょっとした差し入れやプレゼントをあげるとより効果的。
自分のことをサポートしてくれる女性に対して、一気に好感を持ちます。

「大人の男って感じなのに、コーヒー苦手でしたよね」

彼の趣味、嗜好、好みを覚えていると「何気ない一言なのに、覚えてくれてるんだ」とうれしくなります。そして、ただ覚えていたことを伝えるだけではなく、そこに褒め言葉をプラス。
「ウイスキーは『ラフロイグ』でしたっけ? バーとかに詳しくてかっこいですよね」など、彼が前に言ったことを記憶して、別の場面で言うだけ。
このテクニックは日常的に使えるので、記憶力と引き出し力を鍛えましょう。

「今日の格好オシャレだね」

男性は、女性ほどオシャレすることに意識が向いていないので、自分のオシャレに自信がありません。
女性から、「今日の格好オシャレだね」と言われたら、自信がない分、確実によろこびます。ふたりきりでもうれしいことですが、みんながいる前なら効果は絶大。
みんなの前で自信のない部分を褒めてくれたという事実だけで、ときめいてしまうでしょう。
男性は単純です。褒められると、「また褒められたい」と思って、その人を意識するようになります。気にかけてもらえると、次は自分が気にかけようと思います。そうして、お互いの親密度が高くなっていくのです。
まずは自分から相手に興味を持ち、「褒めタイミング」を利用して、彼の心を開かせましょう。
fashion photo image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
「恋愛に興味がない」男性を落とすなら、あえて女度を下げてみる
「この人を好きにならないと……」思い込みが婚期を遠ざける理由
日頃の言動をプチ修正。普通の女が恋愛の達人になるには

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP