ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【早くも目標額の14倍超】中空に浮かぶレコード?!垂直に立てて音楽を流すオシャレなプレイヤー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「昔懐かしいビニールレコードを愛好している」……そんなあなたには、今、資金調達プラットフォームKickstarterで大注目を集めている「Floating Record」を紹介したい。

・Kickstarterで、早くも74万ドルの投資資金を達成

目標金額5万ドルに対し、すでに74万ドル以上の投資資金に達しているというから驚きだ。

・レコードを垂直にしてかけられる音楽プレイヤー

“ハレイゾ音源”の流行とは相反するような、“ローレゾ音源”のビニールレコードプレイヤーは、なんと“垂直に立てて”レコードをかけられるというもの。

レコードプレイヤーのアーム部分は、ダイヤモンドスタイラス搭載のAudio-Technica AT95E 1/2スタンダードマウントカートリッジを採用。

・簡単にRPMの切り替えもできる

レコードプレイヤー部分はアクリル製。ほかに、レコードをホールドする留め金、ベルト方式のドライブシステムがあり、シリコン製のベルトを内側部分にセットするか、外側部分にセットするかで、33 1/3、45RPM(回転毎分)を簡単にチェンジできるという。

ちなみに、レコード台の台座部分は、カエデ材、ウォールナット材のどちらかを選択可能で、イメージに合わせて好きな方を選べるようになっている。

この台座の両端には、フルレンジステレオ対応のスピーカーが内蔵されている。

・RCA端子で既存のスピーカーに接続も

もちろん、内蔵のスピーカーからそのまま音楽を流してもよいし、RCA端子でつないで、既存のお気に入りのスピーカーを使ってもよい。切り替えもスイッチ1つで簡単にできる。

台座の背面側にはコントロールパネルがあり、電源のオンオフ、RCA端子、ヘッドフォンジャックなどが搭載されている。

・レトロな印象で、インテリアとしても

しばしばレコード盤の表面部分は、ポップなカラーだったり、ラベルにスタイリッシュな装飾が施されていたりと、レコード盤自体がオシャレだったりする。

「Floating Record」なら、レコード盤を垂直に立ててそのまま音楽を流せるため、インテリアとして見ても存在感はバッチリ。

一見レトロな外見ながら、性能、機能も申し分のない、人目を引く「Floating Record」。気になる人はお早めにチェックを。

Floating Record

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP