体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

起業家に転身したメジャーアーティスト、目指すは早期上場 — Jace代表 西川コウキ氏

起業家に転身したメジャーアーティスト、目指すは早期上場 — Jace代表 西川コウキ氏

起業家に転身したメジャーアーティスト、目指すは早期上場
— ヴィジュアル系出身の若き野心家が語る「怒り」と「夢」 —
株式会社Jace代表 西川コウキ氏インタビュー

株式会社Jace 代表取締役社長
西川コウキ
 メジャーデビュー2年目で武道館ワンマンを行い、その後の展開を期待されながらも2015年4月に解散したViViD。そのドラムだったKo-kiは、休む間もなく今度はビジネスにフィールドを移し、起業。先日はヴィジュアル系に特化したアプリ「ViX」をリリースし、さらにはバンドマンのサポートも兼ねた新業態のホストクラブも手がけているという。高校生の頃から早くもビジネスセンスを垣間見せていた若き野心家は、次の目標を「上場」と定め、「必ず達成する」と熱く語った。
(Jiro Honda)
2015年6月29日掲載

PROFILE
神奈川県出身。2009年にViViDを結成。2011年、メジャーデビュー。2012年、日本武道館でワンマンライブを行う。2015年5月、解散。その後、株式会社Jaceを設立、V系ニュースアプリ「ViX」や新業態のホストクラブ「REALIVE」の運営などを手がける。
Jace
ViX(iOS)
REALIVE
@KoukiNishikawa

高校生の時に「自ら売り込み」事務所と契約

—— ViViDは先日解散されましたが、起業は以前から計画されていたんですか?

コウキ:もともと目立ちたがり屋で(笑)。起業すること自体はずっと前から決めていましたね。「何歳までにこうする」という目標を設定するタイプなので、例えば高校生の時は「卒業するまでに事務所を決めて契約する」が目標でした。実際、高校3年生の時に自分で資料を作って売り込みに行って、予定通りPS COMPANYと契約までいきました。

—— 自分で売り込んで事務所と契約までもっていく高校生はなかなかいないですよね(笑)。

コウキ:それで、高校を卒業してすぐ結成したのがViViDでした。高校の時からバンドをやっていて、大学に進学するか音楽をやるかですごく悩みました。もし音楽をやるんだったら絶対にプロにならなければ意味がないと思っていて。最終的に、ヴォーカルがViViDに入るとなった時にそれなら上手くいくと思ったので、その時は音楽に決めました。

—— ちなみにコウキさんはドラマーですが、楽器としてドラムを選ばれたのは?

コウキ:やっぱりプレイヤー人口が一番少ないんで、その分機会がありますよね。

—— そこからすでに戦略的ですね。

コウキ:ヴィジュアル系(以下、V系)のシーンを選んだのも、マーケティングの視点からなんです。もともとはメタルやハードコアをやっていて、V系には偏見がありました。でもV系のシーンは音楽の方向性というよりも、マーケティングを上手くやればファンを増やせる市場だということに途中で気付いたんです。それで、高校生の時にマーケットにあわせたトライアンドエラーを何回も繰り返しました。ViViDのメンバーを集めるときも、バンド全体で弱みがないように、それぞれのキャラや年齢等を意識してポートフォリオをちゃんと組みました。

つきまとう「不安」——バンドには寿命がある

起業家に転身したメジャーアーティスト、目指すは早期上場 — Jace代表 西川コウキ氏(2/5)

起業家に転身したメジャーアーティスト、目指すは早期上場
— ヴィジュアル系出身の若き野心家が語る「怒り」と「夢」 —
株式会社Jace代表 西川コウキ氏インタビュー

つきまとう「不安」——バンドには寿命がある

—— デビューから武道館までも早かったですよね。

コウキ:20歳の時にメジャーデビューしたんですけど、デビューから2年以内に武道館でライブをやることは目標の一つで、予定通り2年目に達成しました。最初の2年間はすごく順調でしたね。担当マネージャーも戦略家で、一緒に年間計画やブランディングもしっかり考えてくれました。

でも、武道館が終わってからスタッフ体制の変更などもあって、バンドの勢いが段々失速しはじめて、活動スピードが僕のイメージとずれるようになったんです。自分で年間計画の資料を作って周りにプレゼンするような状況にまでなってしまって。「なんでアーティストの僕がこんなことやっているんだろう、なんかおかしいな」とか思いながら(苦笑)。

—— 予定通りいかずに、いてもたってもいられなかった?

コウキ:バンドを職業として将来を真剣に考えたら、全てを自分達でやるか、とにかく大きい規模でヒットを目指すか、どちらかしかないですよね。もちろん音楽というのは売れることだけが全てではないと思いますけど、現実的には今後何十年もの人生があって、毎日の生活があるわけじゃないですか。僕はバンドには寿命があると考えているので、短い期間で普通の人の生涯年収を稼がなければいけない。でもそこに届くような気配もなくなって、そのまま活動を続けるのがすごく不安でした。

—— アーティストにも職業寿命がある?

コウキ:特にV系のバンドでしたからね。だからその時に、決断するべき時期だなと思い、メンバーと真剣に話し合いをしたら全員のビジョンがバラバラで。それでもう無理だろうということで、2014年4月ぐらいに解散が決まって、そこから会社を作る準備を始め、今年Jaceを設立しました。

—— 次はビジネスでいこうと。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。