ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

甘えたちゃんは終わり。本当の意味でのパートナーになる

DATE:
  • ガジェット通信を≫


付き合う前の段階では、男性は甘えた態度やしぐさがかわいらしい女性に惹かれるものです。男性の「守ってあげたい」センサーを上手く刺激できる甘え上手な女性が、モテる傾向にあります。
しかし、実際に付き合いがはじまると、甘えたな彼女を重荷に感じはじめる男性がいるのも事実です。

守ってあげたくなるかわいい女子の時代はもう終わり!

一昔前とは違い、今は女性もどんどん社会に出て仕事をしている時代です。
確かに、初対面のときなどは「守ってあげたい、か弱い女の子」は男性からの食いつきがいいもの。でも今は、精神的にも経済的にも自立して人生を楽しんでいるアクティブな女性に本命彼女としての魅力を感じる男性が増えています。

目指すべきは一緒に戦える女子!

本命彼女として長く付き合いたいと男性側に意識させるためには、男性のパートナーになることが大切です。
いつでも守ってもらうことばかり望まず、男性が心身ともに疲れた時は安心して全てを任せられるようなタフな女性像を目指しましょう。男性と対等に戦える女性、セレブならヴィクトリアベッカムがまさにそう。

経済的にも精神的にも、できることから

男性に一方的に保護されるだけの関係ではなく、対等に戦えるようになるためには「自立」することが重要。
経済的な自立は仕事をすればOKですが、精神的な自立は「いかに彼に頼らず自分で物事を判断できるか」がポイントです。 たとえば、会社で何かトラブルがあった時、彼にすぐ相談して解決策を考えてもらうなど、なにか嫌なことがあるとすぐ彼に泣きつくクセのある女性は要注意
彼に何でも決めてもらうというスタンスから、彼の意見も聞きつつ自分で判断するというスタンスに変えていく必要があります。 彼と長く付き合い、ゆくゆくは結婚までと考えている女性は、いつまでも「甘えたちゃん」でいると彼が離れていってしまうかも。
今までのように受身でいるのではなく、自分を強くもったカッコいい女性を目指しましょう!
Young woman image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
「恋愛に興味がない」男性を落とすなら、あえて女度を下げてみる
「この人を好きにならないと……」思い込みが婚期を遠ざける理由
日頃の言動をプチ修正。普通の女が恋愛の達人になるには

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。