体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CPU-ZアプリがSnapdragon 615とExynos 7520をサポート

CPUID 提供の Android 用「CPU-Z」が v1.11 にアップデートされ、サポートプロセッサが拡大されました。今回のアップデートでサポートしたのは Snapdragon 615 と Exynos 7520 です。Exynos 7520 は未知のプロセッサなのですが・・・、Snapdragon 615 については、これまでは Cortex-A53 のコア名がプロセッサ名として表示されていましたが、新バージョンで正しく表示されるようになりました。CPU の構成コア数も正確に表示されます。また、GPU のロード時間「GPU load」も Adreno GPU と Mali GPU の場合に表示されるようになり、そのタイミングの GPU の負荷の状況を確認できるようになりました。「CPU-Z」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
カシオ、介護スタッフと家族をつなぐAndroidアプリ「DaisyCircle」を7月7日にリリース
Android Tips : Sense 7を搭載したHTCスマートフォンで操作ボタンを入れ替えたり、ボタンを追加する方法
「Galaxy Note 5」とされる端末の画像が出回る

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。