ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

価格は456万円!ドーム型ゲーム「スター・ウォーズ:バトル ポッド」が個人向け販売開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アーケード「スター・ウォーズ:バトル ポッド」

映画「スター・ウォーズ」の世界観が楽しめるアーケード用ドームスクリーン型シューティングゲーム「スター・ウォーズ:バトル ポッド」が個人向けに販売される。価格は456万円(税込、国内送料・設置費用込)。

日本・欧米のアミューズメント施設で既に稼働しているアーケードゲームを自宅で楽しめるという同商品。バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で6月18日から予約を受付中。同社のアーケード用ゲーム機の個人向け販売は今回が初だという。

「全身が映像に包まれるドームスクリーン」により、作品の世界に入り込んだような臨場感や浮遊感を全身で体験することが可能。

「スター・ウォーズ」エピソード4〜6の激戦を再現した4つのステージのほか、ルーカスフィルムが監修し制作した、ダース・ベイダーとなって戦うことができるオリジナルステージも収録。

操作に合わせたレバー・シートの振動や送風、背部から流れる5.1Chサラウンドの効果音といった体感ギミックも搭載。

「スター・ウォーズ」に登場する乗物のパイロットになってステージに挑む内容となっており、体感ギミックもあわせて、実際に同作の名場面を体験しているような臨場感・高揚感が味わえる。今後は、ステージ追加のアップデートも予定しているという。

また、1,200万円の豪華仕様「スター・ウォーズ:バトルポッド/プレミアム・エディション」の発売も決定。「反乱軍」「ダース・ベイダー」のモチーフでデザインした2バージョンを展開予定で、本革張りの電動可動シートを搭載し、オーナーネーム&シリアルナンバーの刻印プレート、特別装丁版オーナーズ・マニュアル、専用カーペットが付属するほか、ゲーム内映像にオーナーネーム入りクレジットロールを実装する。

豪華仕様版は完全受注生産で7月以降に個人販売を予定。販売方法・販売時期などは「スター・ウォーズ:バトル ポッド」のホームページで発表予定だという。

STAR WARS (c) & (TM) 2014 – 2015 Lucasfilm Ltd. All rights reserved.

「スター・ウォーズ」に登場する乗物のパイロットになってステージに挑む内容

実際に同作の名場面を体験しているような臨場感・高揚感が味わえる

「全身が映像に包まれるドームスクリーン」

エピソード4 の「YAVIN」ステージ。X-WINGに乗ってステージに挑む

エピソード5「HOTH」ステージではSNOWSPEEDERに搭乗

エピソード6「ENDOR」ステージ。乗り物はSPEEDERBIKE

エピソード6「DEATH STAR2」ステージではMILLENNIUM FALCONを操縦することが可能

エピソード4「VADER’S REVENGE」ステージ。ダース・ベイダーとなりTIE ADVANCEDを操縦

アーケード「スター・ウォーズ:バトル ポッド」メイキング映像(日本語字幕版)

▼リンク
「スター・ウォーズ:バトル ポッド/スタンダード・エディション」
http://p-bandai.jp/chara/c2289/starwarsbattlepod/

「スター・ウォーズ:バトル ポッド」
http://www.starwarsbattlepod.com/ja/

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP