ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

愛妻家・藤井フミヤが「タモリ会」に同伴した山ガールは誰?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月13日に放送された土曜プレミアム『憲武・フミヤ・ヒロミが行く!キャンピングカー合宿』(フジテレビ系)で、藤井フミヤ(52才)の発言が話題になっている。

 バツイチの坂上忍(48才)の「結婚の何がいいんですか?」との質問に──。

フミヤ「そうね…やっぱ一緒にずっと一生生きて行こうって感じだよね」
坂上「一生?」
フミヤ「もちろん! 100%一生だね」

 1990年6月、地元・福岡の高校時代の同級生だったまち子夫人(52才)と10年越しの恋を実らせたフミヤ。

「フミヤさんが奥さんを思う気持ちはその時から変わっていません。2人の子供の親となってからも、月に2~3回は、夫婦で食事デートに出かけていますし、外出先では自然に手をつないで歩くんですよ。知人にそんなシーンを目撃されてからかわれても“普通でしょ!”って照れるわけでもなく、さらりと言いますし。本当に仲良しなんですよね」(フミヤの知人)

 そんなフミヤを、曇り空のとある夜、都内のレストランで目撃した。タモリ(69才)を中心にテーブルを囲んでいたのは、親友の木梨憲武(53才)に甲本ヒロト(52才)。そしてフミヤの隣にはまち子夫人ではない女性が座っていた。

「魚介や肉を使った料理をつまみにワインを飲みながらジャズの話で盛り上がっていましたよ。タモリさんは終始笑顔で、フミヤさんは席を立ってギターを弾くような場面もありました。その女性は、男性陣の話を、身を乗り出すようにして熱心に聞いていましたね」(居合わせた客)

 この“タモリ会”の紅一点は馬渕英俚可(36才)。1992年の『ホリプロタレントスカウトキャラバン』でグランプリを獲得し、1993年にデビュー。ドラマ『白線流し』(フジテレビ系)で注目を集め、昼ドラ『プラチナエイジ』(東海テレビ系)にも出演していた。

「実はフミヤさんは40代になってからトレッキングが趣味になったんですけど、馬渕さんも本格的な“山ガール”。共通の山仲間を介して出会ったそうです。年齢も離れていますし、ミュージシャンと女優という違うジャンルで活躍しているふたりですが、山のことで意気投合したそうですよ」(芸能関係者)

 その夜10時頃、タモリ会はお開きに。フミヤと馬渕は、店前でタモリらと別れてゆっくり歩き始めた。暗い夜道でスマホをチェックする彼女の横をしっかりした足取りで歩くフミヤ。“悪ガキ”でなく、大人のイイ男という雰囲気だった。

※女性セブン2015年7月9・16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
藤井フミヤ 20才の息子と酒酌み交わし「夢だった」と語る
木梨憲武、藤井フミヤ、甲本ヒロトら タモリ会でジャズ談義
最終回翌日も「いいとも」打ち上げ開催 ローラ「タモタモ~」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP