ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なでしこ INAC神戸に選手集まり他チームと戦力差広がる一方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 前回、そして今回のサッカー女子W杯での「なでしこジャパン」の活躍は文句なしに称賛に値する。だが課題がないわけではない。若手の人材不足だ。
 
「2011年にドイツW杯で優勝した後、佐々木則夫監督は3年かけていろんな選手を試してきたが、結局、有吉佐織ぐらいしか見出せなかった。U―19にも有望な選手がいるにはいるが、今回は呼ばれずじまい。W杯に連れていくことに意味があるのに、これでは世代交代は進まないだろう」(サッカージャーナリストの財徳健治氏)
 
 元日本サッカー協会副会長の釜本邦茂氏も、「人材がいないのだから仕方がない。問題は4年後だろう」というように、この問題はそう易しくはない。今回のチームは23人中17人が前回の優勝メンバーだった。背景には日本女子サッカー界の「構造的問題」がある。
 
 日本サッカー協会によれば、2014年度の女子選手の登録数は全国で4万8300人。小学生は1万9380人だが、中学生になると一気に半減して1万人になる。
 
「2011年のW杯優勝後のなでしこブームで、小学生のサッカー女子は増えた。ところが中学で女子サッカー部のある学校は全国に511校しかない。受け皿がないので、多くの子供が中学に入学する時にほかのスポーツに転向してしまう」(サッカー担当記者)
 
 若年層の厚さは、全体のレベルアップにつながるはずだが、女子サッカーではそうはなっていない。
 
 女子のトップリーグである「なでしこリーグ」にも問題がある。協会はJリーグの各クラブに女子チームを持つよう求めているが、Jクラブ側は「女子は採算が合わない」と敬遠している団体が少なくない。
 
「なでしこリーグの中で突出して人気があるのは、民間企業が運営し、日本代表選手が多く所属しているINAC神戸。澤穂希ら7人がプロ契約し、残りの選手がセミプロ契約(運営会社の社員として契約。社業に就くことはない)をしているが、ほかのチームではプロ選手はごくわずか。しかもプロでも年収300万円ほどしか稼げない人も珍しくない。

 ほとんどがアマチュア選手で別の仕事を持っていて、それも試合や練習で自由に時間が使えることを優先するために、正社員ではなくパートが多い。おのずと収入面が苦しくなり、サッカーに集中できる環境が整わないのが現状です」(女子サッカー関係者)
 
 環境に恵まれた神戸に有望選手が集まるのは必然で、他チームとの戦力差は広がるばかり。これではリーグ戦が盛り上がらない。

※週刊ポスト2015年7月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
強豪・なでしこJAPAN 昼は「農家」「仲居」「レジ打ち」
元日本代表福西崇史が実体験踏まえ試合の観戦ポイント語る本
韓国人 本田のJリーグへの発言受け「韓国へおいで」と絶賛

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP