ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デビット伊東の心を激しく揺さぶったいかりや長介さんの言葉

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 お笑い芸人としてデビューし、現在は俳優・実業家に転身しているデビット伊東(48才)。かつてはヒロミ、ミスターちんとともにB21スペシャルを結成して、人気を集めた。そんなデビット伊東には、一時、芸能界を離れた時期があった。それでも、再び芸能活動を始めたのは、ある役者との出会いがあったからだった。B21スペシャル時代の話から紐解き、さまざまな転機のエピソードをデビット伊東に聞いた。

――B21スペシャルは大人気でしたが、もうお笑いはやらない?

デビット:ぼくの中では今でも芸人なんです、どこか。たまたまそういう役が来ないというだけで、いつでもできるんですよね。でも芸人って、お客さんが決める事じゃないかなって思うんです。ぼくたちの頃、芸人って言わなかったので。自分で芸人と言うほど格好悪い事ってないと思うんですよね。お客さんにお金を払ってもらって、初めて芸を見てもらうんじゃないかなって思うんです。ぼくはこれから支える立場になるんでしょうけど、機会があれば、誰よりも先に手を挙げますよ。

――B21結成時、ヒロミさんの家の押し入れに泊まっていたそうですね。

デビット:歌舞伎町で働いていた時に、寝るところがなかったんです。あそこはヒロミさんだけの部屋じゃなくて、ショーハウスのDJのかたとヒロミさんがアパートに住んでいたの。ぼくは埼玉から通っていたので、そこに居候させてもらいました。昼間はスイミングスクールのコーチをやって、夕方から歌舞伎町で朝まで働いて、始発に乗って実家に帰って、仮眠してスイミングスクールのコーチをしてという生活でした。18、19才の頃です。

――その時のご苦労は?

デビット:苦労していたんでしょうけど、苦労と思ったことは一度もない。お金はありませんでしたよ。インスタントラーメンが置いてあるんですけど、ヒロミさんとDJのかたが麺を食べて、ぼくは残りのスープとフランスパンを食べていました。でも、なんにも苦労だと思わなかった。店に行けばまかないを食べられたし。

――ヒロミさんとは、今でもつきあいはあるんですか? 

デビット:ありますよ、個人的に飯食おうとはならないけれど。ぼくは一番下だから文句言えないですしね。

 当時、結成してまもなくの頃ってコントしか練習してなかった。こんなのでいいのかなって、ずっと思っていました。ちょうどその頃、星セント・ルイスのセントさんと出会っていたので、稽古して、セントさんに見せるという日々でした。何がいいのかさっぱりわからないし。ヒロミさんについていくしかないなと思いながら。

 ヒロミさんもちんさんも「辞める」って言ってましたからね、あのとき。俺だけですよ2人についていこうと思っていたのは。いつも“辞める辞めない”の話をしていました。ヒロミさんはピン芸人になってもやっていけたと思いますけどね。

――ヒロミさんの今のご活躍をどう思われていますか?

デビット:俺は嬉しいですね。でも、個人的に飯食おうとはならない(笑い)。気持ち悪い。だって29年も一緒にいるんだよ。もういいですよ。アパートで一緒に暮らしてたのよ。今はメールもない。うちらすごいドライなの、昔から。

――それは、つきあってないんじゃないですか?

デビット:じゃあ、つきあいはないかもしれない(笑い)。でも仲は悪くないですよ。仕事がかぶらないだけでね。

――そうして芸人として登り詰めた芸能界を離れて、ラーメン店に専念するわけですが、なぜまた芸能界に戻ることに?

デビット:いかりや長介さんが、ぼくが経営するラーメン店に突然来たんです。当時ぼくは、足のけがをして足がほとんど動かなくなっていたんですが、そのときはちょっと足が動くようになった時期で。フラッと来たから、なんですかって。「ラーメン屋もいいけど、芸能界はどうだ?」って言われて。「戻る意思はありますけど、今すぐという形にはならないと思います」と答えました。

 ただ、ぼくが大きく揺さぶられたのは、いかりやさんが「上に噛みついたり、俺はこうだって言えるような奴が少なくなっているから、お前みたいなヤンチャな奴が下を支えてあげなさい。それならやれるだろ」って。あの人シャイだから、店の裏手で、話し終わったら「じゃ」って帰りました。そんなことがあって、しばらくいかりやさんに付くことになったんです。

――いかりやさんから教わったことはありますか?

デビット:あの人、背中を見せる人だったので、何も言わないんですよ。でも朝5時まで飲んでいても、朝7時からの15ページくらいの台本の長いシーンをワーッと完璧に言ったりしますから。敵わないですよね、当時70才でそれやられたら。

――いかりやさんの最期を看取ってらっしゃるそうですけど、お墓参りに行かれたりは?

デビット:行ってないです。心の中にいるものだと思っているので。絶対どこかで見てるんだよ。今もきっと、「またお前、余計なこと言いやがって」って。

――ほかに影響を受けた俳優さんはいますか?

デビット:加賀まりこさん。『花より男子』(TBS系)。すごく刺激を受けました。立ち居振舞いにしても、加賀まりこじゃないんですよね。役の道明寺楓という、大財閥トップそのものでした。

 ぼくは秘書Aという役だったんですが、加賀さんの「あなた名前なんなの?」って一言で、ぼくに西田という役名が付いたんです。当時、ぼくは出番がなくても加賀さんより先に現場に入って、加賀さんが帰ってから帰りましたね。今では友達みたいにつきあわせていただいています。

――加賀さんから学んだことは?

デビット:言葉にするのは難しいね。いかりやさんもそうだけど、役に対する思いってそれぞれ違うと思うんです。それが画面上に出るのは、ほんとに何人かだと思うんです。思いが強くても画面には出ない人がいる中で、先輩たちが出るのはなぜなのか…。考えても、いまだにわからないですね。

【デビット伊東】
1966年8月12日生まれ。埼玉県出身。ホストクラブで出会ったヒロミ、ミスターちんと共に1986年、コントグループ・B21スペシャルを結成。一世を風靡した。その後『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』(日本テレビ系)の企画によるラーメン店での修業を経て、『でびっと』をオープン。現在は7店舗を経営している。一時は芸能界から完全に引退していたが復帰し、俳優としても活躍中。

撮影■林紘輝


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
有吉弘行 再ブレークヒロミに危機感「本気で戻ってくる気?」
今なおヒロミにゾッコンの松本伊代 「ダーリン」と呼ぶことも
かつての活躍を知らない若者も絶賛 ヒロミの何がすごいのか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP