ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野犬がセラピードッグとして生まれ変わる!人と犬の「幸福な関係」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これまで、人と犬の関係は主に「飼い主」と「ペット」だった。しかし、時代の流れに合わせて、その概念は少しずつ変わりつつあるようだ。



これらの写真は、一見すると見慣れた光景に見えるかもしれない。飼い主がペットを可愛がっている。そんな、ありふれた日常のひとコマ。


ところが、この犬たちはペットとしての役割を担っているわけではない。実は、セラピードッグとして患者を「治療中」なのだ。

これはコロンビアの非営利組織であるAnimal Love Foundationが行なっている取り組み。WHO(世界保健機関)によると、世界中の診療の約8割はストレスやうつ病、肥満などの「現代病」が理由のものだそう。犬との触れ合いを通じてストレスを軽減させ、精神的な健康へと導くドッグセラピーは、こうした状況を改善する特効薬になり得るとされている。

この取り組みの背景には、コロンビアという国の現状もあったようだ。ある専門医は言う。

「コロンビア人は、あまり外出しません。長時間座ったままの人が多く、高血圧や肥満になりやすいのです。でも、犬がいると散歩に行くようになる。笑顔だって増えるでしょうね」

しかも、このセラピードッグたちは、もともとは飼い主のいない野犬だ。Animal Love Foundationは医師や獣医師、生理学者、専門家などの協力を得て1,200匹以上の野犬リストを作成。それを730以上の診療所に送付し、通常の処方に加えてドッグセラピーを導入するよう依頼したのだという。


結果として数百人の患者が生活の質を向上させただけでなく、Animal Love Foundationが引き取った野犬のうち、実に78%が新しい飼い主を見つけることができたと報告されている。

ちなみに、日本の老人保護施設や児童福祉施設、知的障害者施設でもセラピードッグの導入事例は増加中だと聞く。「ドッグセラピスト」といった新たな職種が誕生するなど、今後もその必要性は高まるばかりだ。

人が犬を必要とし、犬もまた人を求める。そんな幸福な関係は、これからも続いていく。

Licensed material used with permission by adeevee

関連記事リンク(外部サイト)

誤解していた・・・貧困について知っておくべき「10の真実」とは?
「いま一番したいことは◯◯」米有名俳優がウガンダで出会った少年の切な願い
不幸な人に共通する「7つの習慣」。幸せを遠ざけているのは、あなた自身です

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。