ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アリババ提供のAndroid ROM「YunOS」がNexus 4に移植される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国 アリババが提供している Android ベースの独自 ROM「YunOS」が Nexus 4 に移植されました。YunOS は安全性や決済機能、パフォーマンスが売りの Android ROM です。中国メーカー Meizu の端末の一部にはこれをベースにした Flyme OS が搭載されていたりします。現在配布されている ROM は Android 4.4.4 ベースの YunOS 3.0.3 で、TWRP や ClockworkMod などのカスタムリカバリを利用するとインストールできます。ROM に Google アプリは含まれていません。YunOS は Xiaomi の MIUI に近いユーザーインタフェースを採用しており、テーマ機能やアリババのクラウドサービスなどをサポートしています。Source : ROM 本体TechDroider


(juggly.cn)記事関連リンク
スマートフォン・タブレット向け赤外線カメラ「FLIR ONE」の第二世代モデルはAndroidにも対応、7月に発売
動画配信サービス「dTV」で人気アーティストのライブが毎月生配信。 第一弾は“AAA”のアリーナツアーファイナル
Microsoft、古いOutlookアプリのサポートを7月31日をもって終了

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP