ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマートフォン・タブレット向け赤外線カメラ「FLIR ONE」の第二世代モデルはAndroidにも対応、7月に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米 FLIR Systems がスマートフォン・タブレット向けの外付け赤外線カメラ「FLIR ONE」の第二世代モデルを発表し、同日より iOS 向けを発売しました。新モデルは Android 用もあり、それは 7 月に発売されます。FLIR ONE は、スマートフォンやタブレットに後付けできる赤外線カメラです。赤外線カメラは物質が発する熱の温度に応じて色分けしたヒートマップを作成し、スマートフォンやタブレットに映像として表示します。新モデルでは、センサーの分解能が 4 倍向上し、エッジ部分をより鮮明に映すようになりました。また、Android 版には Micro USB で接続し、iOS 版には Lightning コネクタで接続するようになりました。FLIR ONE の価格は $249.99 です。Source:Market Wired


(juggly.cn)記事関連リンク
動画配信サービス「dTV」で人気アーティストのライブが毎月生配信。 第一弾は“AAA”のアリーナツアーファイナル
Microsoft、古いOutlookアプリのサポートを7月31日をもって終了
アリババ提供のAndroid ROM「YunOS」がNexus 4に移植される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP