体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なぜ、あの人は失恋から立ち直るのが上手いのか?新たな恋へ向かう「3つのステップ」

150628_forget-heartbreak

既に終わってしまった恋をなかなか払拭できず、次の一歩を踏み出せない。なんとも言えないこのもどかしさは、きっと多くの人が経験しているはずです。

でも、不思議なことに、周りには次の恋愛に向けてすぐに気持ちを切り替えられる人もいますよね。その秘訣をKate Knibbs氏が「Elite Daily」に寄稿しています。なるほど、新たな恋へ向かうにはこうした気持ちのコントロールが必要だったのですね。

shutterstock_247425469_R

私たちは失恋を経て、終わりが避けられない恋もあると学ぶ。恋していた人へのスイッチを切ったかのように、失恋からすぐに立ち直ることができる人もいれば、苦しみ嘆き続ける人もいる。

少しであれば、嘆き悲しむこともいい。しかし、それは健全な方法でなければいけない。多くの人にとっては簡単ではないかもしれないが、その方法を学ぶ必要がある。

shutterstock_214468447_R

01.
まずは、「事実」を認め、
嘆くことを無理にやめない

shutterstock_197462105 (1)_R

まず乗り越えるべきハードルは、傷ついたという事実を認めること。悲しんでもいいということを、心に教えてあげなければいけない。それができて初めて、失恋から抜け出すための脳のトレーニングをすることができる。

最も健全な方法は、嘆くことを無理にやめないこと。終わった恋愛に心の整理をつけ、気持ちが落ち着くまでゆっくり時間をとるべき。たとえ、その終わり方がひどいものであっても、きっとその恋愛には幸せな時もあったはず。

あなた自身も心の底から癒されるために、相手に対して感謝すること。しばらくの間、一人で過ごしてみるのもいい。無理に急いで次の恋愛に進もうとしないこと。

自分自身を知り、恋愛に何を求めているのかを知るために時間をとる必要がある。考えや感情を言葉で書き出すのも有効だ。自分の感情を無視することなく、自覚することができる。きっと、肩の荷が下りたように感じるはず。

02.
徐々に相手を「切り離す」
SNSは要注意!

shutterstock_149243807_R

相手に感じていた感情を消し去ることができたら、前に進む時。この頃には、相手を思い出すもの全てを捨ててしまおうと思うかもしれない。それは悪いことではないが、幸せな気分にしてくれるようなものは取っておいてもいい。特に深い意味がなければ捨ててしまって構わない。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。