ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

採用面接の候補者に「マイノリティ」を入れよう! 米NFLのルールをインテルやフェイスブックも取り入れる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全米スポーツで一番人気を誇る、アメリカンフットボール。このトップに君臨する米NFLには「ルーニー・ルール」という規則があります。ヘッドコーチやゼネラルマネジャーを募集する際、最低1名はマイノリティグループの候補者を面接しなければならないとしたものです。

2003年の導入以前、NFLでは選手の多くがアフリカ系米国人であるにもかかわらず、黒人のヘッドコーチはわずか6%にすぎませんでした。しかしこのルール開始後には、この数が22%まで上昇したといいます。

このルールの名称は、リーグのダイバーシティ委員会議長ダン・ルーニー氏にちなんで名付けられたものですが、このルールを適用するIT企業が増えているそうです。英ガーディアンが紹介しています。(文:遠藤由香里)
インテル「従業員の多様性を高めるために採用」

「ルーニー・ルール」を自社の採用活動に活かせないだろうかと考えたのが、インテルの人事部門に勤めていたパトリシア・ムーリー氏でした。彼女はインテルの従業員が多様性に欠けていることを気にかけ、参考になる事例を探したそうです。

ところがIT業界の中にはこれといったものが見つからず、目を付けたのがNFLのケースでした。彼女はこの手法を取り入れることを社長のレニー・ジェームス氏に提案。導入を決めたジェームス氏はこのように述べています。

「インテルでは、面接をする度に最低1名のマイノリティグループからの候補者を入れるようにしています。もっと多い方が良いのですが、最低1名というのが、社内の採用マネジャーに出している指示です」

ルーニー・ルールを適用するためにはマイノリティグループからの志望者を増やさなければなりません。ある調査によると、女性の場合、企業が求める人物像に100%一致している自信がないと応募を控える傾向があるとのこと。

ソーシャルリクルーティングの会社を経営するポージャ・サンカー氏は、人事採用チームに多様性があることがポイントだと主張します。女性やその他マイノリティの応募者が、すでに働いている社員と出会う機会をつくることで、不安要素を減らそうとしているそうです。
フェイスブックでも。採用基準を下げるわけではない

すでに同様のルールを導入している会社も存在します。ソフトウェア会社社長ボニー・クレーター氏は、応募者の裾野を広げて多様性を確保するからといって、採用基準を下げるわけではないと強調します。

「誰でも良いから採用しよう、というわけではないのです。本当に良い候補者だけを取ることが大事です」

多様性を確保する方策といえば、採用するマイノリティの数をあらかじめ割り当てる「クオータ制」もあります。しかし「ルーニー・ルール」はあくまで面接の候補者に対して適用されるもの。必ずしも採用しなくても良いので、企業に受けられやすいようです。

先日、米フェイスブックが「ルーニー・ルール」を導入していることが報じられました。フェイスブックではおよそ10,000人の社員のうち、技術職の94%が白人かアジア人で、女性比率は15%だったとのこと。ルール導入でどのように変わるのでしょうか。

この制度を日本でも取り入れるとしたら、どうすればよいでしょうか。具体的には女性や日本国籍を持たない人がいたら、面接候補者に意識的に加えるようにする方法が考えられます。しかし、それ以前に「長時間労働に耐えられる男性正社員」のみを理想とした従業員像を崩す必要があるかもしれません。

(参照)Can the NFL playbook help solve tech’s diversity problem?(The Guardian)

あわせてよみたい:好調IT企業の創業者は「移民」ばかり
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP