ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Screener : Androidスマートフォン・スマートウォッチをフレームにしたスクリーンショットを作成できるアプリ、3D表示にも対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 端末を画像フレームにしたスクリーンショットを作成できる新アプリ「Screener」が Google Play ストアにリリースされました。Screener はスマートフォンだけではなく、Android Wear のフレームもサポートしたスクリーンショット作成アプリです。タブレットは非サポートなのですが、フレームには Xperia Z4 などの最新端末を収録したほか、表示方法も正面からの「Flat」だけではなく、斜めアングルからの「3D」をサポートするなど、スクリーンショットをよりリッチなものにできます。操作方法は、「SMARTPHONES」タブと「WATCHES」タブからフレームを選択し、ディスプレイ中央の「+」をタップして埋め込みたいスクリーンショットをギャラリーから選択します。編集画面では、下部のツールバーで影や背景などの他の部分の装飾も可能です。エクスポートする際は、「Save」または「Share」を選択して画像として保存するか、他のアプリで直接共有します。「Favorite」をタップすると本アプリ内のお気に入りにプロジェクトを追加できます。「Screener」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
これがOnePlus 2? デザインはOnePlusそっくり
Cyanogen、CyanogenModのコンタクトカードを再設計する方針
OK,Googleコマンドのオフライン対応などがGogoleアプリ v4.8の分解調査で判明

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP