ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

頑張る宣言の女性 3か月で退社の理由は「経理したかった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ファッションプロデューサーの植松晃士さんが、世のオバさんが美しく元気に生きられるようにアドバイス。今回はある友人のエピソードを紹介します。

 * * *
 皆さま、ご機嫌よう! 今回はアクセサリー販売会社を経営している友達から伺ったエピソードを披露します。

 最近、彼女の会社を退職したアラサー女子なのですが、採用面接で「アクセサリーの仕事ができるなら、一生懸命頑張ります!」と宣言して入社したんですって。

 ところがその3か月後に「実は経理の仕事がしたかったんです」と、いきなり辞表を突き出したのだそう。

「実際に仕事をしてみたら、夢みていたアクセサリーの仕事とは違っていた、というのが本音らしいけど、こんな辞め方ってあり?」と、普段温和な友達が相当なお怒りモード。そりゃ、そうですよ。

 どんな仕事でもすすんでしたいことと、そうでないことが交じりあって成り立っているもの。なのに「やりたいことだけやってお金をいただこう」という発想が、私には理解できません。

 人生なんて、仕事や恋愛はおろか、ダイエットですら思い通りにいかないことのほうが多い、ということを若いうちはわからないのかしら。

 その点、大人の私たちは、長く生きてきた分だけつらい経験も、楽しい思いもたくさんしてきたので、少々のことではへこたれません。

※女性セブン2015年7月9・16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「豚に真珠」に異論 最低でも真珠の分価値の底上げはできる
引退に追い込まれたかわいすぎる海女がハローワーク通い中
実はおしゃれな尾木ママ 嵐の相葉雅紀を手本にスカーフ巻く

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。