ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気のNHK「生さだ」 画面に映らないスタッフも笑顔で仕事

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 さだまさしがラジオのようなスタイルで投稿はがきを読むNHKの深夜番組『今夜も生でさだまさし』(通称「生さだ」)。放送開始から9年間、多くのファンに愛されているこの番組だが、裏側はどんな様子なのだろうか。音響効果担当の住吉昇さんは、こう打ち明ける。

「番組の一部としてテレビに映るという話だったんですけど、まさかさださんの隣に席があるとは(笑い)。さださんには打ち合わせで初めて会って、2回目が本番ですから、緊張しました。

 ピークは2010年の正月。さださんの年越しライブに合わせた両国国技館からの放送です。いつも番組の観客は30名ですが、この時は1万人。“さださん、緊張するんですけど”と言うと、“大丈夫だよ、おれも緊張してるから”って言われて、落ち着きました。万雷の拍手の中に入場するのは、ものすごく気持ちよかったです。番組は、脱線続きで“今回ははがき何枚読んだっけ?”ということも。本番までほとんど話をしないので、さださんから何をふられてもいいよう、本業である音響効果の材料をしっかり用意し、本番に臨んでいます。今でも毎回緊張しますが、本番はとても楽しい。画面に映らないスタッフもみんな笑顔で仕事しています」

 美術担当の小針画伯はこう話す。

「ホワイトボードに絵を描き始めたのは、セットプランニングで時間が余ったから。会場入りする前に町を歩き、空気を感じ、土地の人に話を聞いて、何を描くか決めています。

 通常は放送開始約5時間前に描き始め、さださんが目にするのは、半分くらい描いたところ。“こんなに描いちゃって大丈夫?”など、毎回喜んでくださるので、“やった!”と心の中でガッツポーズすることも。ちょっとした声掛けで、本当にやる気を高めてくれる人なんです」

※女性セブン2015年7月9・16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
人気のNHK「生さだ」 ハガキ投稿はさだまさしがすべてチェック
NHK「生さだ」は放課後に友達が話してる感じ 打合わせなし
有働由美子アナ 黒ワンピ姿で人差し指をくわえて物憂げに佇む

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。