ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

富士そば伝説のメニュー「丸ごとトマト」 ボツでも社内表彰

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京を中心に展開するそばチェーン「富士そば」が、フェイスブックでの広報活動に力を入れている。ユニークな切り口の柔らかい記事もあり、読者にも人気だ。その取り組みを取材した。(取材・文=フリーライター・神田憲行)

 * * *
 フェイスブック「富士そば」のコンテンツは大きく分けて4つ。「新メニュー紹介」「新店舗及び働いている人の紹介」「外国人に富士そばを体験して貰う」「ボツ・試作品メニューの紹介」である。

「始めたのは2年前くらいです。これからはネットでの活動が大事だということで係長以上にタブレットを配り、SNSでの活動に力を入れ始めました」

 と、「富士そば」グループの中核会社「ダイタンホールディングス」顧問の川村宏さんが語る。

 当初は「新メニュー」と「人物紹介」だけだったのが、「すぐネタに行き詰まり」(担当者Aさん)、現在のように面白記事も載せるようになった。

「個人的にSNSやったことがないのに社命でやることになり、記事の書き方とかものすごく戸惑いました」(Aさん)

「いまは『いいね』とか反応があると面白いし、見ている方の反響が次のメニュー作りの参考になります」(担当者Bさん)

 たとえば「肉三昧」。これは担当者が「一度こんなもの食べたかった」とその場にあった鶏肉、牛肉、豚肉をそばにぶち込んで「試作品」とアップしたのが話題になり、正式なメニューとしてデビューした。

 逆に敗者復活戦もある。皮を剥いたトマトを丸ごとにそばに浮かべた「丸ごとトマト」は、そのビジュアルのインパクトもあって閲覧数が過去最大になり、社内で表彰を受けたとか。だが実はこれは「ボツメニュー」だった。

「ボツになった理由ですか? 端的に言って売れなかったからですよ(笑) でもフェイスブックでは人気が出たので、トマトとそばという新しい切り口をいま考えています」(担当者Cさん)

 ちなみに富士そばでは年4回季節ごとに入れ替わる全社メニューの他に、店ごとに店長オリジナルメニューが存在し、何種類のメニューが存在するのか正確にはわからないそうだ。ただあの自動券売機のボタンが54個あるので、単品商品・セットメニュー合わせて1店舗で54のアイテムを販売していることになる。品揃えは豊富である。

 その店長紹介の記事も興味深い。むかしレストランのシェフだった人がいたり、経歴・年齢・社歴もバラバラ。

「うちは新卒採用をせず、全て中途採用なんです。なので店長になった経緯もひとりとして同じような人はいないと思う」(担当者Aさん)

 退職する人が出たり新店舗がオープンするたびに人材募集をかけて、一般社員から店長になる。何年修行すれば店長というルールはないらしく、早い人は3日で(!)店長になるとか。

 このフェイスブックの担当者は全て係長で、全員、店長経験者である。係長として、複数の店舗の責任者となる。一般社員-店長-係長という「富士そばステップ」があるようだ。

 さらにその担当係長たちは、実は違う会社の人たちなのである。富士そばには中核の「ダイタンホールディングズ株式会社」の傘下に「ダイタンフード株式会社」「池袋ダイタンフード株式会社」など、7つのグループ企業がある。富士そば店舗の運営が基本であることに変わりは無い。だいたい20店舗程度まとまると、まとめて運営会社を立ち上げるとか。エリアごとに担当会社が分かれているわけではなく、たとえば渋谷でも池袋でも、同じ富士そばでも担当会社が違うことがある。

「各会社同士で競争心をもってもらうことと、会社が増えるとポストも増えるので、働いている人のやり甲斐にもつながります」(顧問の川村さん)

 フェイスブックのコンテンツ制作は、その運営会社が毎日日替わりで担当している。これは競争心をもってもらうというより、

「担当者の個性で堅いネタ・柔らかいネタという好みが違うので、毎日日替わりで代わることはバラエテイ豊かな記事作りにつながっていると思います」(担当者Bさん)

 最初はどの担当者もおっかなびっくりで始めたが、

「富士そばは店のある地域でしか営業経験がありませんでした。それがネットで富士そばがない地域にも話題が提供できます。それが面白い」(担当者Dさん)

 広報的価値と社内の活性化にもつながっている。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
富士そばに外国人観光客殺到 人気の理由に意外な事実判明
富士そば「新店」ゆで太郎「海外展開」で破竹のうどん勢力に対抗
夏に人気・甲子園球場の串キュウリ 一本串刺しの大胆な一品

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP