ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロンブー淳が語るSNS処世術「一般人は匿名アカウントも取るべし」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 バラエティ番組から情報番組まで、幅広く活躍を続ける、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さん。数々の番組でMCをこなす姿に、元来トーク力やコミュニケーション能力に特別長け、女性からもモテ続けた人生だったのだろうとのイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 しかし、田村さんは、はじめからコミュニケーション能力に秀でていたわけでも、女性にモテていたわけでもないといいます。事実、小学校のときには一時イジメを受け、中学生のとき初めて付き合った女の子からは「一緒にいてつまらない」と言われて一週間でふられたといいます。

 そうした苦い経験をしていくなかで考え出したのが、独自の「立ち回り術」。たとえ特別な才能やルックスがなくとも、上手に立ち回ることで状況を変え、イメージアップを図ってきたのだそうです。

 本書『35点男の立ち回り術』では、田村さんがこれまで実践してきた、そしていまも実践しているという、世の中でのさまざまな立ち回り術を紹介していきます。

 たとえば、ネットにおいても上手な立ち回り術を駆使することによって、人の輪は広がるのだと指摘。ツイッター、フェイスブック、LINEにインスタグラム、それぞれを利用している田村さんですが、現時点のSNSでベストツールはツイッターだといいます。

 そのツイッターを利用する際は、有名人以外はプライバシーをさらけ出すだけなので、実名以外でアカウントを取ることをすすめます。そして、この匿名性を逆手にとり「ネットの中の、もうひとりの自分」として立ち回り、日々自分をいかにアピールするか練習を積んでいくことが、実社会でも役立ってくるのだといいます。

 さらに、ツイッターを利用していると、フォロワー数やリツイート数を気にしがちですが、これらにはあまりとらわれない方が健全だともいい、その理由を次のように述べます。

「東京の山手線に例えるなら、新宿駅と鴬谷駅、どちらの駅にポスターを貼るのが効果的でしょうか? 広告代理店流にいうと、乗降客数の多い新宿駅でしょうが、ボクは新宿駅の構内のポスターをじっくり眺めたことは一度もありません。ここに数字の落とし穴がある。リツイート数が多いというのはそういうことです。その情報に触れた数が多いからといって、本当に読んだり見たりして理解しているのかは分からないのです。それよりも鶯谷駅で誰かがじっとポスターを見ているかもしれない。でも数が少ないので、スポンサーは感知できていない。こういう精緻なデータを取れば、意外な結果が次々と浮かび上がるはずだと思っています」(本書より)

 さまざまな場面での立ち回り術。本書にて学んだならば、早速実践に移してみてはいかがでしょうか。

■関連記事

人気の漫画『ONE PIECE』には「ヤンキー」の要素がある?
モテるSNSのプロフ写真の撮り方
旅行好きタレント・眞鍋かをりがシンガポールで遭遇した路地裏の危機

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP