ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「この人を好きにならないと……」思い込みが婚期を遠ざける理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫


見た目も性格も悪くなく、自分に好意を持ってくれる男性に出会えた。そんなとき、「この人を好きにならないと……」と自分自身に言い聞かせていませんか?
でも実は、その思い込みがむしろ婚期を遠ざけているのです。

本当に「この人を好きにならないといけない」の?

条件に合う男性が現れ、自分を好きだと言ってくれている……。でも、彼にいまいち興味を持つことができない。
それなのに「この人を好きにならないといけない」と思い込んでしまうのは、結婚への焦りが関係しています。
「まわりの友だちは結婚して、独身は私だけ」「この人を逃したら、もう条件に合う男性に出会えないかも」「この先どうなるかわからないし、自分には時間がない」……。
そんな20代後半女子にありがちな焦りが、無理矢理相手を好きになるように思い込ませているのです。

すぐに決断する必要はない

とはいえ、自分の気持ちを無視し、好きではない相手とつきあったところで、関係がうまくいくわけがありません。最悪の場合、相手のことを嫌いになってしまう可能性も。
そうならないためにも、まずは「この人を好きにならないといけない」という思い込みは忘れましょう。
そして、条件に合う男性とは友だちからはじめてみるべき。友人関係を続けているうちに、彼を好きになる可能性もあります。
反対に「やっぱり恋愛対象として見るのは無理」と諦めがつくかもしれません。いますぐに決断をする必要などないのです。
結婚への焦りが出てくると、自分の気持ちを無視したまま突っ走ってしまうことがあります。
でも、それでは結婚への道がさらに遠ざかってしまうだけ。いざぎよく諦めることも、時には大切です。
Happy image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
日頃の言動をプチ修正。普通の女が恋愛の達人になるには
「思わせぶりならやめて!」 男性を悶絶させるアピール方法
デートで確実に彼の心を惹きつける、ちょっとした演出

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP