ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TV番組の覆面インタビュー ごく限られたケースに限定すべき

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 長野県の諏訪中央病院名誉院長でベストセラー『がんばらない』で知られる鎌田實医師は、NHKの放送番組審議会の委員も務めている。NHK『クローズアップ現代』のやらせ疑惑をきっかけに、テレビ番組でよく見かける報道の在り方について鎌田氏が考えた。

 * * *
 たまにテレビを観ようと、番組表を眺めても、観たい番組が少ないことに驚く。夜のゴールデンタイム、民放はどの局も同じようなタレントが、お笑いやクイズ番組でお茶を濁している。

 テレビで人生や哲学を学ぼうとは、もちろん思わない。テレビにはテレビの軽さがあっていい。

 しかし情報番組でも教養番組でも、もう少しテレビならではの発信の仕方があるのではなかろうか。

 このところ、テレビ業界でちょっとしたトラブルが相次いだ。NHK『クローズアップ現代』とテレビ朝日『報道ステーション』の問題である。

『クローズアップ現代』の問題は、昨年5月14日に放送された「追跡“出家詐欺”~狙われる宗教法人~」内での、やらせ疑惑だ。

 多重債務者がブローカーを利用して出家の儀式を受け、戸籍名を変更して融資詐欺を行なっているという内容だった。

 ところがブローカーと言われた人物は「自分はブローカーではない。犯罪者のように扱われたことに憤りを感じる」と語り、ブローカーを演じてほしいと依頼されたことを明らかにした。

 さらに、この男性が放送倫理・番組向上機構(BPO)の人権委員会に申し立てたから、大騒ぎになった。

 NHKでは、この問題について調査委員会を設置した。その最終報告書では、事実のねつ造につながる、いわゆる「やらせ」はなかったが、過剰な演出や出演者に誤解を与える編集が行なわれていたと発表した。

 僕は、NHKの放送番組審議会の委員をしている。この会は放送番組の適正を図るため、放送法で設置が義務づけられている審議機関だ。委員長、副委員長のほかに委員がいて、総勢10名前後の学識者で構成されている。今年5月の審議会でも『クローズアップ現代』の問題が取り上げられた。

「出家詐欺を取り上げたこの番組の企画そのものは良いと思う。無理をしなくても良い番組になったのではないか」

 僕は、そう意見を述べた。

 簡単に概要を説明すると、滋賀県大津市の寺を舞台にした出家詐欺で、1億3000万円もの大金を金融機関からだまし取った罪で17人もの関係者が逮捕された。多くの宗教法人は、経営のピンチを迎えているといわれ、活動せずに休眠状態に陥っているところも多い。

 その宗教法人の存続のピンチを利用した詐欺が行なわれているという事実だけで、30分の番組は十分作れたはずである。番組を劇的に演出したいがために3つの過ちを犯した、と僕は意見を述べた。

 一つ目は、ブローカーが登場するが、ブローカーであることの裏付けがない。二つ目は、ブローカーから紹介された多重債務者とされた男性は、リポートしたNHK記者と8年前から知り合いだった。三つ目は、ブローカーと債務者が会う場面は、いかにも秘密裏にカメラを回しているように見せている。

 この三つは、大きな問題である。このような作為的演出は、番組内で常態化している可能性も考えられる。

 演出か、ねつ造か。過剰な演出ではなく、むしろあえて「やらせ」として受け止め、今後どのように対処するのかが大事、と苦言を呈した。

 すると担当者からは、「制作の基本姿勢を明記した“放送ガイドライン”から外れている。反省しています」という返答があった。

 ブローカーと債務者のいかにも決定的な瞬間を撮ったかのようなシーンが放送されたが、実はほかの番組でも似たような場面をよく見かける。

 匿名や覆面インタビューは“いかにも”な臨場感があるので多用されがちだ。しかし、僕は証言者のプライバシーを守らなければいけない、ごくごく限られたケースに限定すべきだと思う。視聴者もそんな手法が胡散臭いのは気づいている。

 これら一連の動きをみたうえで、総務相はNHKに対し、放送法に抵触するとして厳重注意の行政指導を出した。

※週刊ポスト2015年7月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
視聴率最高記録は『第14回NHK紅白歌合戦』の81.4%
24時間テレビ 計33回の放送で合計募金総額は291億円超
紅白歌合戦 正月特番から大晦日に日程変更された意外な理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP