ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BCリーグのフランコとローズ 独特の打撃フォームは今も健在

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 BCリーグの石川ミリオンスターズに監督件選手として加入した、元ロッテのフリオ・フランコ。56歳となった今でも個性的な打撃フォームは健在。6月21日現在で、打率2割8分4厘、15打点をマークしている。

 一方、同リーグの富山GRNサンダーバーズに選手兼野手コーチとして加入したのが、46歳のタフィ・ローズ。近鉄、巨人、オリックスに在籍し4度の本塁打王と3度の打点王に輝いたスラッガーだ。

 上段に構えたバットを揺すってタイミングを取るローズ独特のバッティングフォームは、こちらも健在。21日現在で、打率2割6分9厘、6打点、2本塁打をマークしている。

 かつてのプロ野球界を沸かせた2人の助っ人が、今なお当時の打撃フォームそのままでプレーしているのだ。

■撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2015年7月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
最もホームラン出やすい球場は東京D、出にくいのはナゴヤ
プロ野球本塁打量産 飛ばないはずの統一球なぜか今年は飛ぶ
もし松井秀喜が日本に残ったら通算本塁打数歴代3位650本予測

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP