ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

絶対に怒ってはいけない!あの「世界一平和な水鉄砲祭り」が日本初上陸

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近、じわじわと世間の認知度を高めている体感型ランニングイベント、通称「ファンラン」。色鮮やかなカラーパウダーを浴びたり、泡まみれになりながら笑顔で走っている友人の姿を、SNS上で見かけたという人も少なくないのでは?

そんな「カラーラン」や「バブルラン」に次ぐ要注目のファンランが、この夏に日本で初めて開催されます!

その名も「ウォーターランフェスティバル2015」。このイベントは、どれだけ水をかけられても決して怒ってはいけないというタイの水掛け祭り「ソンクラーンフェスティバル」をテーマにしたものです。

公式HPによると、イベントには最大5つのゾーンが登場予定。その全貌はまだ明らかにされていませんが、既に公開されている2ゾーンの内容を見るだけで、未体験の「興奮」と「爽快感」を得られる確信が持てるはず!

01.
【水鉄砲ゾーン】
逃げ場はない!
四方八方から水が襲いかかる

このゾーンの楽しみ方はシンプル。いたる所から放たれる水を全身に浴びつつ、それに応戦しよう! 基本的には手を挙げて「降参」している人に対しては、打ってはいけないという暗黙の了解があるようです。が、ずぶ濡れになることを覚悟して参加するイベントである以上、それがどの程度守るべきルールなのかは不明。きっと、「オトナの配慮」をしようということですね。

02.
【水風船ゾーン】
1000人 VS 1000人!
数万個の水風船が飛び交う

このゾーンでは、突然の号令から1000人VS1000人のバトルがスタート! 数万個の水風船が飛び交う光景は、想像できないぐらいにエキサイティング。ときにはバケツサイズの巨大風船が登場することもあるとか!?

残りの3ゾーンに関しては、まだ公式HPには公開されていません。ただし、「超巨大プールゾーン」や「ゾンビゾーン」といった名称だけは掲載されており、期待は高まります。

ちなみに、イベントは全国の5都市で開催が決定。8月1日、2日の東京公演を皮切りに、8月29日、30日(名古屋)、9月12日、13日(大阪)、9月19日(福岡)、そして三連休中日の10月11日(沖縄)と続いていきます。当然ながら雨天決行のため、今から予定を抑えておいて損はなし。参加賞として限定Tシャツだってもらえます。

暑い時期にピッタリのウォーターランフェスティバルで、この夏を遊びつくしてみては?

Licensed material used with permission by waterrun.jp

関連記事リンク(外部サイト)

「バンズが腐らない」って本当?マクドナルドに隠された9の真実。
アナタは朝型、夜型?運動する時間によって効果が違った!【科学的根拠あり】
【芸能界で大人気!】ランニングよりウォーキングが良い「6つの理由」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP