体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「立体的なお絵描き」ができるペンが発売!作れるおもちゃは無限大

original

これからのお絵描きは3次元!
最近は、立体を描けるペンがあるってこと、知っていましたか?実はこのペン、第1弾のモデルが2013年12月に発売されて話題になったもので、ペン先から出たフィラメントというインクが固まり、平面に絵を描くように、立体物を作り出すことができるんです。

その可能性はまさに無限大!まずはこちらの動画を見てみましょう。

あらためて、この「3Doodler」を紹介すると、元々はクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金を募り実現した、新しいお絵描き道具です。紙の上はもちろんのこと、特殊なインクを空中へと積み上げていくことが可能です。

そして、ここで紹介する2015年6月17日発売された「3Doodler2.0」は、2013年に発売された製品のアップデート版。ペン自体が以前よりずっと細くなっており、使用時の音も静かになるなど、より便利になっているようです。

85singo_スクリーンショット 2015-06-26 13.32.50

少しずつ積み上げるように、絵を描いていきます。

85singo_スクリーンショット 2015-06-26 13.28.18 85singo_ss-3doodler-05

写真の通り、ちょっとラフな絵でも素敵な小物が作れちゃいます。季節のイベントを彩る飾り付けにも最適。

85singo_10422229_359998267520710_5879332329632246306_n 85singo_10351456_328618023992068_5368081343454698137_n

勿論、家の中のオブジェづくりにも。

85singo_10563137_276006842586520_8603266920638413049_n
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。