ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「立体的なお絵描き」ができるペンが発売!作れるおもちゃは無限大

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これからのお絵描きは3次元!
最近は、立体を描けるペンがあるってこと、知っていましたか?実はこのペン、第1弾のモデルが2013年12月に発売されて話題になったもので、ペン先から出たフィラメントというインクが固まり、平面に絵を描くように、立体物を作り出すことができるんです。

その可能性はまさに無限大!まずはこちらの動画を見てみましょう。

あらためて、この「3Doodler」を紹介すると、元々はクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金を募り実現した、新しいお絵描き道具です。紙の上はもちろんのこと、特殊なインクを空中へと積み上げていくことが可能です。

そして、ここで紹介する2015年6月17日発売された「3Doodler2.0」は、2013年に発売された製品のアップデート版。ペン自体が以前よりずっと細くなっており、使用時の音も静かになるなど、より便利になっているようです。

少しずつ積み上げるように、絵を描いていきます。

写真の通り、ちょっとラフな絵でも素敵な小物が作れちゃいます。季節のイベントを彩る飾り付けにも最適。

勿論、家の中のオブジェづくりにも。

子どもの遊び道具としても優秀で、創造力を最大限に引き出し、それを具現化することできます。

これには大人もハマっちゃいます!凝れば凝るほど本格的なオブジェに…。

 

実用的なカゴも作れちゃいます。イメージとしては、人力の3Dプリンター、といったところでしょうか。

ホームページにはコミュニティ機能もあり、無料の型紙をダウンロードしたり、他のユーザーの作品を見て研究することも。

//

【 飛行機が飛びました!?? クランク編 】今回は、ちょっと違った物で飛行機を飛ばしてみました。3doodlerは奥が深いです。是非、色々な使い方を試してくださね^^ #WhatWillYouCreate? Posted by the3doodler.jp on Friday, 16 May 2014

 

温度が下がることで固まる仕組みで、パーツづくりもできます。様々なパーツを描き出し、組み立てる楽しみも。

価格もその機能のわりにはこなれていて、税込み14,904円。様々なカラーを用意したフィラメントは、25本入りで税込み1,620円から販売中。中にはこのペンを使ってドレスを創ってしまった人や、人体サイズのもの、さらにはもっと大きなモニュメントを作成した人もいるようです。

自分で楽しむのもいいですが、ギフトとしても喜ばれそうですね。

Licensed material used with permission by 3Doodler

関連記事リンク(外部サイト)

テーブルの上で「小さなシェフ」が料理を振る舞う!食×プロジェクションマッピングが可愛すぎる・・・
メルセデス・ベンツの「自動運転車」が、サンフランシスコの街中を普通に走ってた・・・
無限に繋げるUSBケーブルが登場!新型Macbookの「Type-C」にも対応

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP