ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

火野正平 視聴率気にしての打ち切りを「哀しい時代」と表現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏は著書・『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)の中で時代劇が衰退は火野正平が不在だからだと述べている。火野が語る時代劇に必要なものについての言葉を、春日氏の週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。

 * * *
 火野正平は近年、ベテランとして若い俳優たちを支える立場に回ることが多くなってきた。

「若い人たちを見たいんだよ。たとえば『そこのみにて光輝く』という映画も『おお、あのコか』と思ったら自転車の仕事の合間を縫って行ったり、『夫婦善哉』というドラマの時も『尾野真千子? おお、ええな。行く行く』って言ったり。そういう若い人たちを見て知りたいんだよ。また、みんないいコなんだ。

 今やっているNHK時代劇の『かぶき者 慶次』の西内まりやさんもそう。一生懸命に時代劇やってるしさ。一本目より二本目と良くなってきて、終わりかけの時には立ち振る舞いもちゃんとできてるなって思えた。

 俺も、何もしないでずっとイイ役者でいられるなら、何もしないに越したことはないよ。でも、見られる商売だから、『この役者はいいな』って思われたい。そのためには、何かしていなきゃダメなんだとは思う」

 筆者は拙著『なぜ時代劇は滅びるのか』で時代劇衰退の要因を検証している。その中で「火野正平がいない」という見出しの下、「火野正平のような、庶民の等身大の感情を演じられる役者の不在」と「人気先行に走りすぎて、火野正平のような俳優をキャスティングしないプロデューサー」の問題について指摘した。今回、この問題についてのアンサーを、火野からいただいている。

「あの本を読んでいたから、今回のインタビューも『おう、行く行く』ってなったんだよ。時代劇がまた頑張っていくための役に立ちたいんだよ。

 今の時代劇を観てると悲しくなるよな。俺が『必殺』を嫌になったのは、みんながキレイキレイになってきたからだよ。やっぱり陰に隠れて殺さないと。それが最近じゃあ『桃太郎侍』みたいに、最後に刀を振り回すようになってきてるからね。

 やっぱり、その時代に合ったアウトローのヒーローを作らなきゃダメだよ。そういう作品があるんだったら、いくらでも俺はお手伝いするけどな。できないはずはないと思うんだ。やりたい。もう俺の時代じゃないから手伝いしかできないかもしれないけど、新しいヒーローを作るためだったら、俺はいくらでもするし、やりたい。また『わあ、時代劇って面白いな』と言われたいしな。

 今はとにかく情緒がないわ。時代劇って、やっぱり情緒があって、観ている人がクスンと泣いたり、クスッと笑ったり、そういうのをまたやりたいよな。前は情緒を分かるスタッフたちがいて、みんなで面白がって作っていた。こっちが何か考えると向こうは『やったろか』『これで参ったか!』と応えてくる。そういうことで面白くしていったように思うんだ。

 今のテレビは、腰を落ちつけられないんだ。昔は最低でも26本撮ろうとかでやっていたんだ。半年やれば、いいものはいい、ダメなものはダメと分かってくるもんさ。でも今は10本だけとか、それも視聴率を気にして打ち切りにしたりとか。それだとやっぱり難しいよ。ある意味では哀しい時代だよね」

■春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『あかんやつら~東映京都撮影所血風録』(ともに文藝春秋刊)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社刊)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

※週刊ポスト2015年7月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
火野正平 台本を貰ったら、どうやれば面白くなるかを考える
火野正平 藤田まことはテレビが生んだ最大のタレントだった
火野正平 いい演技も見た目も人は飽きる、役者は商品なんだ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP