ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】リストラで「らしさ」を失ったソニーの不幸描いた本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『切り捨てSONY リストラ部屋は何を奪ったか』清武英利著/講談社/本体1600円+税

 清武英利(きよたけ・ひでとし):1950年宮崎県生まれ。立命館大学経済学部卒業。元読売新聞社記者。2011年に読売巨人軍球団代表を解任され、フリーのジャーナリストに。『しんがり 山一證券 最後の12人』(講談社)で講談社ノンフィクション賞受賞。

【評者】鈴木洋史(ノンフィクションライター)

 ソニーがソニーでなくなって久しい。かつてのウォークマンが象徴するような独創的で“カッコイイ”製品はもはや博物館の中でしか見られない。先頃発表された2015年3月期の連結決算は、家電業界で一人負けと言われた前年とほぼ同レベルの1259億円の赤字だったが、数字以上に深刻なのはソニーらしさの消失である。

 創業者の一人、井深大氏がすでに亡くなり、もう一人の盛田昭夫氏も経営の一線から退いていた1999年から、ソニーは数次にわたってリストラを行い、それは今も終わっていない。その間の削減数の目標は総計で実に8万人超。本書はそのリストラに遭い、退職していった者たちの目を通して描くソニー凋落の歴史と真実である。

「セカンドキャリア支援」という美名のもとに社内失業者が送り込まれる「追い出し部屋」。そこでは仕事も雑用も与えられず、陰に陽に早期退職を促され、結局は心が折れてしまう者が多い。いったん送り込まれるとまず元の職場に戻れないことから「ガス室」とも呼ばれる。だが、リストラ対象者へのそうした非人間的処遇はソニーに限ったことではない。

 本書が前編を通して描くのは、ソニーがリストラによって「無駄」を削ぎ落としながら、「ソニーらしさ」を切り捨てていったという事実である。たとえば、ソニー社内では伝統的に〈「出過ぎたクイは打たれない」「出るクイは伸ばせ」という言い伝えがあった〉。

 だが、先代社長ハワード・ストリンガー氏が社員から意見を公募したのに応じ、上司を介してストリンガー氏との面談を求めたある社員は、上司や人事部に叱責され、結局、リストラ部屋送りとなった。

 賞賛の意味を込めて「異端のエンジニア」と呼ばれていたある社員が調査したところ、特許をたくさん取っていて役に立ちそうな社員ほど、早期退職に応じていることが明らかになった。その「異端のエンジニア」が率いる研究所は異才、鬼才と評価されるさまざまな才能が集まっていたが、上層部のコントロールが効かず、目先の利益を生み出さないことから、解体の憂き目に遭ってしまった。

〈新しい世の中や画期的な発明、発見はたいてい異端者によってもたらされてきた。日本企業のなかで異端の才能を最も評価していたのは、かつてのソニーであった。その異端者たちがリストラ部屋に収容されるところにその後のソニーの不幸があった〉

 ソニーのリストラはまさに自らの特長、長所の切り捨て以外の何物でもなかったのだ。井深氏は会社の設立趣意書で〈自由闊達にして愉快なる理想工場の建設〉を目指すと謳い、盛田氏は社長時代に〈リストラはしない〉と宣言したが、もはやその影すらない。

 仮に数字的な業績が回復したとしても、それはソニーと言えるのだろうか。しかも、リストラの進行中、ストリンガー氏は8億円以上の報酬をもらい、現社長の平井一夫氏も報酬を対前年比で1.8倍に伸ばしたことがあった。ソニーの社員でなくとも、怒り、呆れ、嘆きたくなる。

 本書の救いとなっているのは、リストラされた社員が実名で登場し、ソニーを退職後、転職や起業によって再起を目指す姿も紹介していることだ。著者も指摘するように、ソニーの遺伝子はもはやソニー社内にはなく、ソニーを飛び出した者たちが受け継いでいるのかもしれない。

※SAPIO2015年7月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ソニー凋落を分析した書『さよなら! 僕らのソニー』が登場
ソニー会長「ソニーファミリーの力を」で世界中から義捐金集める
ソニー出身の元グーグル社長「ソニーの方が先見の明あった」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。