ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【7月1日まで399円!】これが正解! ガストのチーズINハンバーグの“正しい食べ方”

DATE:
  • ガジェット通信を≫


店舗数国内最大のファミリーレストラン、ガスト。その人気No.1メニューである『チーズINハンバーグ』が現在399円と割安で楽しめるフェアを7月1日(水)まで実施しています。

皆さんは、もう食べましたか? 食べたひともまだ食べてないひとも、ハンバーグへのこだわりや思いがつまったメニューをお得に楽しめるなら今のうち!

改めて筆者がそのチーズINハンバーグを実食してきたので、その内容をたっぷりご紹介いたします。

真ん中から切るべし!! チーズINハンバーグ


早速運ばれてきたチーズINハンバーグ。ふっくら厚みのあるハンバーグにナイフをざくざく入れていきます。

ちなみに、以前は鉄板だった時期もあったのですが、チーズや油がハネて飛んでしまい、チーズやお肉や固くなってしまうということでお皿での提供になったのだとか。

“ジュワー!!”という音も確かに食欲をそそるけど、確かに、こちらの方が落ち着いて食べられるし、服を汚したりしなくて食べやすいかも。


ハンバーグに切れ目をある程度入れると、たくさんの肉汁とともに中からクリーム色のチーズがトローリと顔を出します。

オーダーしてわかったのですが、メニューが届いてからすぐ、アツアツのうちにナイフを入れるとCMのようなチーズのビジュアルを楽しむことができます。お店に行ったら、ぜひやってみて!


ハンバーグを完全に半分に割ると、予想以上の量のチーズがおしげもなくだくだくと流れる、流れる!

“一般的にハンバーグは、端から切って食べるものですが、このハンバーグは真ん中から食べてほしい”とスタッフの方。


食感は、思ったよりハンバーグがジューシーで柔らかい。というより、今まで食べたことあったけど格段においしくなってました。口の中で肉汁が広がり、お肉の旨味とコクのあるチーズがえも言われぬハーモニーを演出します。

“ふつうのファミレスのハンバーグ”というより、ちゃんと噛みしめ、豊かな香りや口当たりを味わえる美味しさ。デミソースとチーズの相性も抜群。また、ポテトも外はカリっと、中はホクホクで抜かりのない美味しさです。

見た目のインパクトもさることながらこのメニューは、チーズやソースを好きな分量で具に絡めながら食べられるのもまた楽しいですよね。

この他にも、普段よりお得に味わえるメニューもあるのだとか。チーズ好きもお肉好きもぜひ足を運んでみては。

『チーズINハンバーグ』フェア


現在のチーズINハンバーグは、なんと100パターン以上にも及ぶ試作を繰り返し、こだわりぬき辿り着いた味なんだそう。

ふっくらとしたハンバーグの中には、味や香り、食べやすさに舌触りを調整し、“カマンベール”“モッツァレラチーズ”“ホワイトチェダー”“パルメザン”の4つのチーズを絶妙なバランスでブレンド。

昨年より3種類から4種類にチーズの種類を変更し、よりコクと食べやすさが増したそうです。

チーズINハンバーグ製造工程のヒミツ




チーズをハンバーグが包み込むという奇跡のコラボレーションを遂げたチーズINハンバーグ。それは、なんとバーミヤンの“中華まん”を製造する機械で作られているのだとか!? こうすることで、お肉とチーズを絶妙な分量で、またチーズをしっかり“真ん中”に包み込むことができるのだそう。

HPでは“4種のチーズのおいしい秘密”の動画を公開中。チーズINハンバーグの製造方法や秘密の真相をチェックすることができます。

広い世代に愛され、進化を続けるガストのメニュー。人気メニューを食べに、お近くのガストへ行ってみてはいかがでしょうか?

※この記事はタウンワークマガジンとガジェット通信で共同制作しました。

文:mochizuki 企画:ガジェット通信
『チーズINハンバーグ』フェア概要
対象期間:〜7月1日(水)
対象メニュー:
チーズINハンバーグ
ベーコンとトマトのイタリアンチーズINハンバーグ
チーズINハンバーグ&ミックスフライ

公式サイト・店舗情報

http://www.skylark.co.jp/gusto/menu/

タウンワークマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP